テーマ:性格

ギャンブル障害と性格と機械学習

 40人のギャンブリング障害の人と、160人の性年齢などをマッチングさせた人を対象として、ビッグファイブを使い、機械学習でギャンブリング障害の識別を試みた研究。77.3%の識別力(微妙)。  神経症傾向、開放性、誠実さが分類に寄与し、ギャンブリング障害では、神経症傾向が高く、開放性が低く、誠実さが低かったそう。  分類樹では、①開放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝要因と学業等の関連メモ

・イギリスの3000組の双子研究。大学入学資格試験の遺伝的要因の影響は57%、共有環境(ほほ家庭環境)の影響は12%、非共有環境の影響は31%、大学入学は51%、36%、13%、大学の質は57%、8%、35%、大学の卒業は46%、0%、53%(Plomin R et al 2018) ・子供のPGS(polygenic score:G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル障害(ギャンブル症)と性格

ギャンブル障害(ギャンブル症)と性格  ギャンブル障害と性格の関連はしばしば報告されている。古典的なものではブラジンスキーが2002年に提唱した3パスウェイモデルがあり、ギャンブル障害は単純嗜癖型、衝動型(ADHD的背景)、不安型(神経症傾向、自閉傾向など)のサブタイプに分けられるとしている。この表現はDSM-5でもギャンブル障害の特…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スマホ依存得点はタイプA行動特性で高まりやすく、うつ、不安スコアで予測できる

 レバノン・Notre Dame University-LouaizeのJocelyne Matar Boumoslehらは、大学生688人(平均年齢:20.64±1.88歳、男性:53%)についてスマートフォン依存尺度(Smartphone Addiction Inventory:SPAI)、うつ病および全般不安症の2つの中心的なDS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格特性にかかわる遺伝子領域は特定の精神疾患とかかわる

 精神疾患の診断・統計マニュアル第五版(DSM-5)ではよく使われるカテゴリー診断とは異なる第Ⅲ部がおもしろい。個人的には臨床用の文化的定式化面接(CFI)の汎用性にひかれるが、パーソナリティ障害を「性格の主要な5因子(ビッグファイブ)」の病的拡張または機能低下としてみる新モデルも興味深い。  ↓は「性格の主要な5因子」に対応するヒト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交的な人はいい感じの場面を思い出しなさい

外交的な人は外部の状況と快感回路の無意識的な結びつきが強いらしい。ビデオクリップを見せながらメタアンフェタミン(リタリン、注意欠陥多動性障害などで用いられるドーパミン刺激薬)を投与した後、ビデオクリップを見せる。もしビデオクリップと快感回路が条件づけされていれば、ビデオを見せただけで快感回路が働きうる。快感回路が働くと気分が良くなったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育て方によって性格が変わるとか思わない方がいい

 世の中は教育の力を過剰に評価する傾向にあります。親の育て方で子どもが天才になるとか、性格がよくなるとか。しかし、行動遺伝学の研究から、たとえば性格の場合、その4~5割は遺伝子の影響で説明できることがわかっています。「育て方で子どもはいかようにも変わる」ということはないし、「子どもはむくのまま生まれてくる」わけでもないのです。遺伝の影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたくメモ

おたくについて。  結局はシャイというだけ?だとすれば、比較的日本人固有。5HTT-s由来。そのもっと大本はリスがエサをためる、コレクトする様。  不安軸と固執軸を作って分類するぐらいが妥当か?シャイと固執を持って定義付けるのもありだろう。ただし、その強弱での「おたく」内分類の方がおもしろい。やたらシャイでしつこい「おたく」から、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエノミツアキとブリーフセラピー

「むかつく人の真相」(ウエノミツアキ)と似ているもの。 東豊「セラピストの技法」・・・・虫退治療法 ブリーフセラピー系(と言ってもパンツではない) シェサイザー、インスー・キム・バーグ、森俊夫。 ようするにポストモダンの構築主義。 そこに、共同幻想論、心的現象論序説、言語にとって美とは何か、の初期三部作(吉本隆明)。 にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またも不安遺伝子話、5HTT-s

 セロトニントランスポーターの遺伝子にはS型とL型があり、不安と関わると昔から言われてきた。日本人では欧米人に比べSS型が多い。  最近の研究でSS型を持つ人では前部帯状回の一部が小さいのだそうだ。そこは扁桃体(好き嫌いの中枢)の特に恐怖反応などに関わる部分に接続し、その活動を抑制、コントロールする場所。  うつ前性格・・・損害回避…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美的、損な性格

今日は美的の取材があった。 「あわてもの」「グズ」「見栄っ張り」「せっかち」は損な性格なんだそうだ。 そういう性格と脳の関連は? そこから考えられる対処法は? みたいな。 とりあえず、多動、不注意、報酬依存という三軸をたて、これらの性格をプロット。 多動→A9系、DRD2不全。線条体、帯状回過剰活動。 不注意→NE、DRD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more