海馬、内側前頭皮質が記憶の引き出しと意思決定にかかわる

 意思決定は、以前の経験を柔軟に使用して行われます。このプロセスは、内側前頭皮質(MFC)と内側側頭葉に依存しますが、これらが選択的記憶検索を行う方法は不明です。 そこでてんかん患者を被験者に、MFC、扁桃体、海馬で単一のニューロンを記録。 MFCは、神経活動の異なる部分空間を使用し、目標を表すことにより、変化するタスク要求を表現してい…
コメント:0

続きを読むread more

「酒は百薬の長」は健康一般では否定されているが、認知機能だけは何とか役立つらしい

 かつて「百薬の長」といわれた「酒」は、近年では少量であっても量反応的に健康リスクが高まることが知られている。一方で、認知機能に関しては、ワインを常飲する地中海食で認知機能の低下予防や、認知障害の予防に役立つとする研究も多数あるが、そうでないとする研究もある。そこで、米国成人の全国的に代表的なサンプルである健康および退職研究(HRS)の…
コメント:0

続きを読むread more

依存チェックは極めて幅広

① 過去1年間、私はパチンコ・パチスロのことがいつも気になって仕方がなかった。 あてはまらない(1点)、どちらかといえばあてはまらない(2点)、どちらかといえばあてはまる(3点)、あてはまる(4点) ② 過去1年間、パチンコ・パチスロは、ストレスから逃れるために私にとってなくてはならないものだった。 あてはまらない(1点)、どちら…
コメント:0

続きを読むread more

バッシング、自殺、めも

バッシングに走りやすい理由として以下があげられます。 ①人は相手が痛んでいると、同じような痛みを感じる脳の仕組みを持つが、痛むのが当たり前という標識(バッシングされて当然という標識)が付くと、その共感脳の活動は低下し、むしろ快感が生じる。 ②人は顔を見ると表情読みにかかわる偏桃体の活動がまし、恐怖や不安を感じやすくなるが、それがない…
コメント:0

続きを読むread more

孤独は脳内で自分と他者を遠ざけるらしい

 健康や幸福には社会的つながりが重要ですが、脳が他の人々とのつながりをどのように表現しているかは不明です。↓は、脳が他者をどう表象しているのかをfMRIで調べた研究。  男女43名が、16のターゲット(自己、5人の近しい人、5人の知人、および5人の有名人)を想像する。このとき、各ターゲットへの主観的な近さ、および自身の孤独度を調査。内…
コメント:0

続きを読むread more

Face bookユーザーは外向性が高く誠実性が低い、また神経症傾向が強く誠実性が低いとFace book依存が生…

 Face book ユーザー3,835人(男性2,366人)について、社会人口統計変数、ビッグファイブ(神経症傾向、外向性-内向性、開放性、誠実性、協調性からなる)を使った性格調査、Face book使用障害(依存)調査を実施。社会人口統計的変数の影響を除去したうえで性格との関連を調べた。  結果、Facebookユーザーは、非ユー…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム障害での神経接続性の低下は、自閉スペクトラム障害の併存でより広範になるらしい

電機大、久里浜などの研究。  ゲーム障害は、うつ病や注意欠陥多動性障害などの併存障害を伴うことが多い。これまでに報告されている併存障害の神経生物学的影響は同じ結 果に収束しておらず、脳ネットワークの接続性に肯定的な結果を示したり、否定的な結果を示しています。この研究では、併存障害の有無にかかわらず、ゲーム障害と診断された40人の…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル依存で自助グループは有名だが、それほど有効に機能するのだろうか??

 ギャンブル依存では、ギャンブラーアノニマス(GA)などの自助グループの活動が有名ですが、ギャンブル依存の回復アプローチとしてどれほど有効なのかについての調査はあまり行われていません。また少ないながら無作為試験(RCT)化した調査結果を見る限り、その有効性が示されているとはいいがたいものがあります。  以下は、Gamblers Ano…
コメント:0

続きを読むread more

子どもの記憶力を伸ばすポイント「ワーキングメモリー」

子どもの記憶力を伸ばすポイント「ワーキングメモリー」 乳幼児期は、記憶力の発達が著しい時期です。 知識も何もないところから、言語や行動などあらゆるものを吸収していきます。 記憶力にも鍛え方があり、鍛えれば鍛えるほど、様々な事物をインプットすることが可能となります。 それでは、記憶力はどのように鍛えればよいのでしょうか? 今…
コメント:0

続きを読むread more

自粛と開放は繰り返しがいいらしい

 新型コロナウイルス感染(COVID-19)封じ込め対策が最適なのでしょうか。  ケンブリッジ大学の研究によれば、ロックダウン50日間と出歩ける30日間を交互に繰り返す方法が、死亡や集中治療室(ICU)入室を減らす有効な手立てであることが推測されました。  日本では死亡等が欧米の100分の一程度ですから、ロックダウンを短く、フリーを…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル依存には併存障害があることが常識

 ぱちんこ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)が4月に公表した2019年の電話相談事業報告書によると、2019年通年の総相談件数は5222件で、初めて電話をかけてきた相談者(初回相談)による相談件数は3203件。うち、相談者自身がパチンコ・パチスロによる問題を抱える「本人」だったケースは2662件だった。  本人…
コメント:0

続きを読むread more

午前中の光、昼間の運動(これは今回は示されていませんが)、時間を決めた食事が、体内時計の調整にそれぞれ独立に必要で…

 STAY HOMEによって昼夜逆転であるとか、概日リズムの狂いが気になる人もいるかもしれません。いわゆる体内時計です。  一般に、体内時計の修正には、午前中の光、決まった時間での食事、昼の運動が重要となせています。このうち光は、感光性の網膜神経節細胞(ipRGC)を介して、視交叉上核の中央概日ペースメーカーに働きかけることが知られて…
コメント:0

続きを読むread more

前頭前野と線条体領域の白質の萎縮が行動嗜癖のバイオマーカーかもしれない

 これまで、ギャンブリング障害やゲーミング障害と、複数の脳領域の灰白質の変化のかかわりが報告されてきました。しかし、これらの調査は再現性に乏しく、行動嗜癖での灰白質についてメタ分析する必要がありました。  結果、行動嗜癖障害を持つ505人と564人の健康な対照群を含む20件の研究が、基準を満たし、これらについて検討しました。健康なコン…
コメント:0

続きを読むread more

行動嗜癖の治療は薬物使用障害同様、短期的には効果を示すが、厳密な臨床試験が足りない

 インターネット嗜癖障害、性嗜癖障害、買い物嗜癖障害は行動嗜癖の一種であり、ギャンブリング障害や薬物使用障害との類似点が指摘されがちです。しかし、これらのいついての治療の有効性についてはほとんど調べられていません。↓はこれまでの研究のメタ分析です。  合計3,531人の91の研究から、インターネット嗜癖障害、性嗜癖障害、買い物嗜癖障害…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム障害と脳、異常な感情反応

 衝動性と感情の調節不全は、インターネットゲーム障害(IGD)の危険因子であることが知られています。しかし、その根底にある神経メカニズムはまだよく理解されていません。  前頭前野が衝動性のコントロールや感情の抑制にかかわり、また依存症におけるコントロール障害には前頭前野が重要な役割を果たしていると考えられています。そこで、↓では、衝動…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナは血栓の出来具合で重症化(死亡)が予測できる

 新型コロナの重症化予測にD-ダイマーが使えるという研究。  D-ダイマーは、健常な場合、失血に対する防衛として血管損傷からの止血作用として形成されるフィブリン血栓から派生しますが、その血中濃度の上昇は、線維素溶解(線溶、フィブリン溶解)が進行中であることを示し、血栓塞栓症や、凝固性亢進状態に付随するその他の症状の特徴であるフィブリン…
コメント:0

続きを読むread more

直感ってなんですか?

・脳のメカニズムからとらえた場合、直感力とはどういうものなのか? 早指しでの将棋の次の一手時、サッカーでの素早いパス選択時、いずれも「線条体(せんじょうたい)」が活性化します。線条体は行動の開始や維持にかかわるとともに、その腹側に快感中枢(側坐核)があり、快感と行動を結びつけています。 ある行動や選択でいいことが起きると、線条…
コメント:0

続きを読むread more

誕生日が自殺のピーク、とくに10の節目

 4月、9月と新学期の初めの日に自殺が多いことが知られています。  一方、誕生日にも多いことが知られていて、↓はそれを、厚生労働省の1974~2014年までの日本の人口動態統計データを使って示した研究。  自殺や事故で死亡したのは約207万人で、約8,000人が誕生日に亡くなっていたそう。うち誕生日に自殺した人は約4,100人で、そ…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブリング障害の診断基準

*ギャンブリング障害とは・・・ICD11(国際疾病分類第11回改訂版) ギャンブリング障害は、オンライン(例えばインターネット)またはオフラインで、持続または繰り返されるギャンブリング行動により特徴づけられ、以下のように記載される。 1.ギャンブリングのコントロールがうまくいかない(たとえば、ギャンブリングの開始、頻度、かけ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナの致死率は1%以下が確実らしい

 長野県の人口とほぼ同じ約200万人を有する米サンタクララ群での新型コロナ有病率推定。いわゆる抗体検査によるもの。Facebookを使って被験者3300人をサンプリング。郵便番号、性別、人種/民族で調整して推計。この際、メーカーでのテストデータ、スタンフォードでのテストデータ、両者の組み合わせ、で感度を推定。  結果、調整前の値では新…
コメント:0

続きを読むread more

「EGM(カジノ等に設置されているスロットマシンなど)はギャンブリング障害のリスクが高い」という通説は見かけに過ぎ…

 ギャンブリング障害のリスクは、EGM(electrical gaming machine:カジノ等に設置されているスロットマシーンなど)で特に高いことが指摘され、日本のぱちんこが形態的にはEGMであることから、この知見を用いて、ぱちんこのギャンブリング障害のリスクは高いのではないかと指摘されてきました。  しかし、↓によれば、EGM…
コメント:0

続きを読むread more

不注意傾向がインターネットゲーム使用での没入傾向を高め、障害リスクを高めるのかもしれない

「問題のあるオンラインゲーム使用」「問題のあるインターネット使用」と「没入傾向」「ADHD(注意欠如多動症傾向)」の関連についてのソウルでの研究。  51人の男性大学生についての横断的インタビュー調査。51人は23人がアクティブなゲーマーで、28人はそうではない対照群。  現在のADHD傾向は、「問題のあるオンラインゲーム使用」「…
コメント:0

続きを読むread more

中学生のインターネット使用障害疑いは2014年から2018年で増えているらしい(愛媛大の研究)

 中学生(12~15歳)について、2014年と2018年に調べた合計1382人の研究。ただし同じ人を縦断的に追跡調査したのではなく、それぞれワンショットの横断調査の比較。  ヤングのインターネット依存症テスト(IAT)、日本版一般健康調査票(GHQ)、および睡眠習慣とIT機器の使用に関する質問票で調査。  平均IATスコアは、201…
コメント:0

続きを読むread more

テトリスはトラウマに効き、海馬を大きくする?

日本ではゲームは悪者扱いされがちなのかもしれませんが、例えば、テトリスはトラウマ的出来事を経験した後の侵入的な記憶を減らすのに役立つ予防的な介入として役立つことが示されています。しかし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者でテトリスを評価したり、テトリスのプレイが脳構造にどのように影響するかを調査した研究はなかったそう。  そ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の自発的運動は筋肉幹細胞の活性を回復させる?

 一昔前は、年寄りの冷や水などと言われ、高齢者に運動をさせるなんて骨でも折れたらどうする、などと言われたことがあった。しかし、運動は骨に刺激を与えかえって骨を強くするし、認知機能の低下予防または改善に役立つことも示されている。  ↓は、筋肉そのものの若返りのプロセスを示したマウスの実験。  歳をとると、筋肉量は減少し、筋肉の再生能力…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナメモ2

 感度問題:陽性を陽性とする率、6-7割。入院や隔離を決断する段階の検査として、感度が低い検査は、陽性の人を陰性といってしまい、本来不向き。3割は取りこぼす。仮に陰性でも感染者と仮定した対応が必要になる。また、炎症反応があり、画像検査で疑われれば、陰性でも新型コロナと扱った方が適切。その後の治療対応は同じだし、アビガン等はコロナでもイン…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナメモ

新型コロナはクラスター感染。 クラスター感染とは、多くの人は誰にも感染させないが、一部に1人が多くの人に感染させている感染。リンクの追えない症例からつながった患者の集積のうち5人以上のものをクラスターと呼ぶ。⇒だからクラスター対策が初期の主体 孤発例の周辺には必ず見えないクラスターがある。 なぜ見えないか。 軽症、無症状が多…
コメント:0

続きを読むread more

ぱちんこにおけるギャンブル等依存症とは?

「ギャンブル等依存症対策基本法」では、『「ギャンブル等依存症」とは、ギャンブル等(法律の定めるところにより行われる公営競技、ぱちんこ屋に係る遊技その他の射幸行為をいう。第七条において同じ。)にのめり込むことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態をいう。』と定義し、『ギャンブル等依存症がギャンブル等依存症である者等及びその家族の…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブルを自分では止められないという自覚は、ギャンブル障害の増悪因子かもしれない

 認知の歪みには、Positive Gambling Expectancy(GE:ギャンブリングをすることで自分に良い影響があるという認識)、Inability to Stop gambling(IS:ギャンブリング行動を自分で止めることが出来ないという認識)、Illusory Control(IC:ジンクスに従うことなどによって、ギャ…
コメント:0

続きを読むread more

学生諸君は、新型コロナがらみではココを見ておいてください

 人システム論、脳システム論、脳科学特論、3年ゼミ、卒研を受講予定の学生諸君は、大学生としての基礎リテラシーでもありうるので、押谷先生のスライド(https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf)を見ておいてください。二点ほど問題点がありますが(流行初期の最大の謎:健康観察対象者・発症前問題、急速な感…
コメント:0

続きを読むread more

子どものゲームハマりが気になったら

 あるラジオ番組で、子どもが家にいる機会が増えている今、ゲーム障害の話題もあるので、子どものゲームが心配になっている保護者の方もいる。何かメッセージを、とのことでした。そんな折、児童精神科医のafcp先生が、大湫(おおくで)病院の関正樹先生の「子どもたちはネットやゲームの世界で何をしているんだろう」(信州大学医学部附属病院子どものこころ…
コメント:0

続きを読むread more

「日本の直近1年間のギャンブル障害疑い率は突出して高い」などということはない(SOGSによる)

 もうそういう報じ方をすることはないだろうと思っていたが、大手新聞社が「日本のギャンブル依存は突出して多い」などと、一時流れた情報(「ギャンブル等依存症の実態把握に係る平成28年度予備調査の概要、参考資料②」)だが、現状否定されている、少なくともそのような論文が存在する数字を並べて論じているのを見かけたので記載する。  今時、SOGS…
コメント:0

続きを読むread more

感度、特異度をめぐって

 感度50%か。PCRなら感染していない人を感染しているとみなす場合は混入くらいしかないだろうから特異度を99%にすると、人口100万、真の感染率3%、で全数調査すると、間違って感染とみなされる人が9700、間違って感染してないとみなされる人が15000。正しく感染とみなされるのが15000人。でどうする、が政治判断。まずは数値を目の前…
コメント:0

続きを読むread more

ストレスによる白髪化のメカニズムの一部が明らかに

 ストレスで白髪になるといった経験話や逸話は山のようにあります。しかし、ストレスと白髪化をつなぐメカニズムは十分に分かっていませんでした。  ハーバード大の Hsu YC らはそのメカニズムを探るべく、ストレス→コルチゾール分泌、を促す副腎を除去しました。しかし、白髪化はきなくなりませんでした。ストレス→免疫系によるメラニン細胞攻撃、…
コメント:0

続きを読むread more

得体のしれない恐怖を恐れる仕組み、相手を思いやる仕組み、バッシングの仕組み

 人の脳には偏桃体といって、恐怖や不安にかかわる部位があり、未知の病や得体のしれない恐怖に対して、逃げ出す、戦う・排斥する、フリーズする、といった反応を生み出します。アジア人排斥などで働く脳部位はここです。  なぜそのような反応をする仕組みが脳にあるかというと、そういう働きの強い人の方が感染症などに結果としてかかりにくく、生き残り確率…
コメント:0

続きを読むread more

意識は相当に視床内部の外側中心核が関与するらしい、しかも50Hzが重要らしい

 意識が視床と皮質との相互作用に依存していることが示唆されています。しかし、その回路がどうなっているのか、どのニューロンがどのように寄与するかは不明です。  そこで、覚醒中、睡眠中、麻酔下のマカクについて、視床内部の外側中心核(CL)と前頭皮質、頭頂皮質の各層の活動を同時に記録したそう。その結果、視床および深部皮質層のニューロンは意識…
コメント:0

続きを読むread more

環状RNAの減少が統合失調症や双極性障害での認知的柔軟性の障害にかかわるらしい

 統合失調症と双極性障害、さらには発達障害には遺伝的共通性が指摘されています。  ↓はここに環状RNAの関与があるという研究。  環状RNA(circRNA)は哺乳類の脳に豊富に含まれています。この研究では、Homerタンパク質ホモログ1(HOMER1)に由来する、前頭皮質に豊富に発現するニューロン濃縮circRNAであるcircH…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル障害、ゲーム障害での対応を数的バランスでどう考えるべきか

 以下はギャンブル等依存症にかんする議論だが、ほぼ、ゲーム障害にも当てはまると思われる。  ギャンブル等依存症対策法でのギャンブル依存症の定義(1)は、国際疾病分類ICD11(2)に近い。すなわち、DSM-5での9項目を動機、行動、結果に分ければ、行動のうちのコントロール障害と結果を問題視ししたもので、項目反応理論による分析ではほぼ重…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム依存症対策関係者連絡会議の資料を読むうえでの留意点

厚生労働省は、ゲーム依存症対策関係者会議を開催するそうで(2月6日)、その際の資料を公開しています(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09255.html)。 ざっと見て、おさえておいた方がいい点がいくつか目についたので、ツイッターで連投しました。 以下です。 資料について連投します。①p4,5…
コメント:0

続きを読むread more

飲酒量が1月でビールロング缶分増えれば、脳が7日ほど老いるらしい。1日1パック1年の喫煙で11日老いるそう。

 南カリフォルニア大のArthur W. Togaらは、機械学習とMRIを用いて、英国バイオバンクにデータ登録されている45~81歳の被験者(合計17,308人)の相対脳年齢を決定したそう。  まず、トレーニングセットの被験者(n = 5,193)から、脳全体の解剖学的測定に基づいて相対脳年齢を取得するための統計モデルを決め、評価セッ…
コメント:0

続きを読むread more

脳にとって、鉄、だいじらしい。

 脳にとって鉄は重要です。酸化代謝、髄鞘形成、神経伝達物質合成など、脳機能の複数の側面に鉄は不可欠だからです。実際、大脳基底核の鉄濃度は、老化や認知障害の神経変性障害と関連していることが知られています。しかし、思春期における脳の鉄濃度と発達、認知との関係はあまりよく理解されていません。  そこで、最初の訪問時8〜26歳の922人(M …
コメント:0

続きを読むread more

血清コレステロール高値は肝がんの抑制に役立つらしい

 コレステロールは生活習慣病とかかわり、低値がいいと考えられがちですが、いわゆる善玉コレステロールは多い方が望ましいですし、男性ホルモン、女性ホルモンはコレステロールです。またストレス関連物質コルチゾールは活性化物質でもありますが、アンチストレス物質のDHEAともどもコレステロール由来です。  ↓はさらに肝がんの抑制に血清コレステロー…
コメント:0

続きを読むread more

ストレスで白髪化が加速するのは、ノルアドレナリンによるメラノサイト幹細胞の特殊化ゆえ

 白髪化の原因として、MITF遺伝子の減少が指摘されています。MITF遺伝子はメラノサイトで発現し、メラノサイトやチロシナーゼを活性化、メラニンの産生を促し、白髪を黒髪化します。そのMITF遺伝子が減少すると白髪化が進むわけです。  ↓は、ストレスと白毛化の加速についてそのメカニズムを明らかにした研究。毛の色素の喪失には、上記のほか、…
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム時間がゲームの制御不全や心理的問題の原因というわけではないらしい

ゲーム時間は、ゲームの制御不全や心理的な問題と相関するが、ゲーム時間が制御不全や心理問題の原因ではなく、フラストレーションを抱えていることがゲーム時間を長くし、心理的な問題を生み出しているらしい。ゲーム依存を訴える医療関係者や施策を検討する人々はこの因果の逆転に注意を払うべきだ。 Investigating the Motivatio…
コメント:0

続きを読むread more