テーマ:尿

バソプレッシンは寝る前に脳でも作られる

バソプレッシンは抗利尿ホルモンとして知られ、体液レベルに反応し、体液の濃度を調整する働きをする。↓はそれだけでなく、睡眠中の脱水状態に備え、寝る前にバソプレッシンを脳で作り、抗利尿によって体液濃度を保つことが明らかになったそう。それでか。 Clock-driven vasopressin neurotransmission med…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more