テーマ:幼児虐待

虐待によるストレス耐性の低下

 小児期の虐待が子どもの脳を変えることがしばしば報告されている。  ↓は死後脳の研究から、脳の前島で内因性オピオイドの発現が低下していた証拠を示したもの。κオピオイド受容体(Kappa)遺伝子発現が抑制され、Kappa遺伝子第2イントロン領域のDNAメチル化が低下し、オピオイドの働きが低下していたのではないかというもの。ストレスの緩和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more