テーマ:

魚介類食べると、うつ病のリスクが減少

 むかしからいくつか報告がありましたが、国立がん研究センターは、青魚などの魚介類をよく食べる人はうつ病のリスクが低下するとの調査結果を発表しました。  長野県佐久市に住む40~59歳の男女を対象に1990年から追跡調査をして、2014~2015年に精神科医の診療を受けた1181人を選び、食生活のアンケートをとり、その結果をもとに、魚介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚摂取はやはりうつ病リスクを下げるらしい

 魚を食べることや、n-3多価不飽和脂肪酸の摂取は、本当にうつ病の予防に効果的なのであろうか。31件の研究から、25万5,076人を調べ、うち、2万人以上がうつ病となったメタ解析で検討したそう↓。  結果、魚類の摂取が多いとうつ病の発症が低下する線形の有意な用量反応が認められ、n-3多価不飽和脂肪酸を一日1.8グラム以上摂取すると、う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼き魚、煮魚を常食にしている人は、海馬などの脳の灰白質が大きいとか。

 オリーブオイル、木の実、魚、鶏肉、野菜、果物を多くとり、豚肉、牛肉などを少なく取る人にアルツハイマー病が少なく、認知機能も低下しにくいとか、青魚の油に含まれているω脂肪酸をとっている人のほうが認知機能が低下しにくいとか、よく報告されています。また、幼児期にはDHA、EPA、アラキドン酸など長鎖多価不飽和脂肪酸の摂取とIQが創刊すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動しましょう、おさかな食べましょう

いずれもマウスの実験ですが、やはり運動とω3脂肪酸摂取は脳にとって有用なようです。 ひとつめは、高脂肪食をマウスに与え続けるとアルツハイマー病の主たる関連物質のアミロイドβが増えていきますが、アルツハイマー病マウスを使って運動と食事コントロールのいずれがアミロイドβを抑制するかを調べた京都大学の研究。結果、抑制効果は食事コントロールよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bio Today より DHA、EPAのお魚油話

お魚食べましょうね、ってか。 以下、バイオトゥデイより 2007-03-09 健常人55人を対象にしたMRI画像解析の結果、長鎖オメガ3脂肪酸の摂取量が多い事と両側の前帯状皮質・右側の扁桃体・右側の海馬の灰白質の容積が大きいことが関連すると分かりました。これらの領域は、感情の喚起や調節に関与しています。 この結果から、オメガ3脂肪…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more