テーマ:カフェイン

寝不足で元気を出すにはカフェインより階段上り

 睡眠時間が6.5時間未満の慢性的睡眠不足の女子大学生18人を被験者とした、繰り返し測定による研究。カフェイン摂取量と身体活動量は適度であるとの自己報告者。 1)カフェイン50mgカプセルを摂取 2)プラセボを摂取 3)階段の上り下りをゆっくりと10分間(約30階分) を別日に実施。その後、POMSで気分について調査。作業記憶、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインは認知機能低下予防に役立つ

 カフェインはうつを抑制するかもしれない(http://higeoyaji.at.webry.info/201506/article_13.html)とか、頭を使ったり、覚えたりした後にカフェインをとると、その内容をよく覚えているらしい(http://higeoyaji.at.webry.info/201401/article_6.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あちらが気になる向きは、チョコレート、ココア、緑茶 紅茶、ワイン、ブルーベリー、コーヒー、そして速歩

 以前、米国男性の調査で、1日あたりコーヒー約2~3杯分のカフェインにあたる、170-375 mgを摂っている男性はカフェインを全くまたは殆ど摂らない男性に比べて勃起不全に特になりにくいといった報告がありました。 David S. Lopez , Run Wang, Konstantinos K. Tsilidis, Huirong …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る3時間前にエスプレッソをダブルで飲むと、体内時計が40分遅れるらしい

 人の生体はタンパク合成や化学物質の分泌や遺伝子発現のチェーンを使って、体内でリズムを構成しています。これがいわゆる体内時計で、視交叉上核のメラトニンによる一日周期の体内時計が有名です。たとえば時差ボケでは海外で適応した概日リズムが帰国してズレることによって生じます。  ⇂の研究によれば、いつもの就寝時間の3時間前にエスプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインはうつを抑制する。

 ネズミを飼育するとき、ケージを傾けたり、おがくずを湿らせたり、捕食者の物音を聞かせたり、何もないケージに入れたり、ケージを入れ替えたり、昼夜の明暗サイクルを逆転させたりすると、ネズミはストレス受ける。そしてこれが長期化すると、体重の減少や記憶力の低下が見られる。そして尻尾でつるされても抵抗しなくなったり、甘い水を飲みたがらなかったりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーを2,3杯飲んでいると、勃起不全になりにくい

米国男性の調査で、1日あたりコーヒー約2-3杯分のカフェイン(170-375 mg/日)を摂取していると、カフェインを全くまたは殆ど摂らない男性に比べて勃起不全になりにくいんだとか。 余談ですが、バイアグラを使うとオキシトシンを介して相手への愛着が増しやすいのだとか。 つい、財産をあげたくなってしまうかもしれませんから、お気を付けく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭を使ったり、覚えたりした後にカフェインをとると、その内容をよく覚えているらしい

 Daniel Borotaらは、100名以上の被験者に絵に描いた物体を見せ、屋外で使う品か屋内のものかを判断させた。その後、被験者に 200 mgのカフェインと偽薬(プラセボ)とのいずれかを与えた。翌日、被験者に、見せた画像のいくつかと、新しい画像、それから見せた画像とよく似た画像を見た。そして、画像を「見たもの」「新しいもの」「見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期はカフェインを避けた方がいいかもしれない、音楽の聞き分けにも成功失敗が反映する

 ラットの実験で思春期のカフェイン摂取は脳の成熟を反映すると考えらえている睡眠時徐波活動(sleep slow wave activity)の推移パターンを変え、脳神経の繋がりの整理を妨げ、振る舞いをより臆病にしてしまうのだとか。 PLoS One. 2013 Sep 4;8(9):e72539. doi: 10.1371/journ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more