テーマ:うつ

まあ、そうなんでしょうが、ゴスの若者はその傾倒が大きいほどうつや自傷リスクが高いとか

 このブログで、想像性とうつ傾向の関連や、統合失調症関連遺伝子を持つ人に芸術協会員が多いとか、いわゆる心の闇系と芸術のかかわりに触れてきました。  今回はゴスとうつ、自傷のリスク。一般的でない音楽や服、化粧というか顔面変容を好み、暗く病的で美を尊ぶ印象を人々に抱かせるサブカルチャー・ゴス(goth)に身を置く10代若者は、やはり、うつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつうつとした気分は注意力を高め、創造性を高めうる

 ニューサウスウェールズ大(オーストラリア)のジョゼフ・フォーガスらは、寒く、風が強く、雨が降っており、レクイエムが流れていると、太陽が輝くいい天気の時より、店のカウンターにおかれた、おもちゃの大砲、赤いバスのおもちゃ、豚の貯金箱などの小物10個について、3倍よく覚えていることを示しました。また晴れの日のほうが、カウンターにおいていなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインはうつを抑制する。

 ネズミを飼育するとき、ケージを傾けたり、おがくずを湿らせたり、捕食者の物音を聞かせたり、何もないケージに入れたり、ケージを入れ替えたり、昼夜の明暗サイクルを逆転させたりすると、ネズミはストレス受ける。そしてこれが長期化すると、体重の減少や記憶力の低下が見られる。そして尻尾でつるされても抵抗しなくなったり、甘い水を飲みたがらなかったりす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい記憶はうつ的気分を改善する

 理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根先生たちは、マウスも快・中立・不快の体験させ、その際に活動した海馬の神経細胞を光遺伝学的に標識しました。光を当てることで特定の記憶を呼び起こすようにするためです。実際、特定の海馬記憶エングラム(記憶痕跡)の人為的な想起に成功しました。  そして快記憶エングラムを短時間活性化すると、慢性的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめはうつのリスクを二倍にし、18歳でのうつの約三割はいじめに起因するかもしれない

 13歳の時にいじめにあったことを報告した6719人についての英国での追跡調査の結果、頻繁にいじめられたと報告した683人はICD10の基準で14.8%がうつとみなされ、 いじめられたことがあったという1446人では7.1%、一方で、そういう経験がない1769人では5.5%がうつと考えられたそうです。  13歳時点で頻繁ないじめ受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へー、マインドフルネスってすごいんだね。東洋的瞑想っぽいやつだけど。

 マインドフルネスについて詳しいわけではないので、↓の研究で使われている、マインドフルネス認知療法(Mindfulness-based cognitive therapy、略称:MBCT)について、ウィキを引用すると、MBCTは、マインドフルネス(気づき、注意コントロール)を基礎に置いた心理療法で、第3世代の認知療法の1つ。本療法は、心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念、うつの脳深部刺激療法は有意な効果が認められなかったそうです

 極めて治りにくい大うつ病に対して、腹側内包(ventral capsule)と腹側線条体(ventral striatum)を刺激する、脳深部刺激療法(DBS)が提案されていますが、患者30人が参加した二重盲検無作為化試験の結果、うつの程度(MADRSスコア)が50%以上改善した患者が20%いたものの、DBSを施してはいないが施すふり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマは世代をまたぐ、幼児虐待は三代たたる?

 ストレスにさらされたマウスは三世代にわたって抑うつ的な行動を示す雄の子孫を持つ。トラウマは個体の心理的な障がいのリスクを高めるだけでなく、次世代にその影響を及ぼす。たとえば、カンボジアのルージュクメールの大虐殺の間に心に傷を受けた人々の子どもは抑うつや不安を抱えたし、ベトナム戦争に行ったオーストラリアの退役軍人子どもたちは高い自殺リス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かと話題のmTOR

mTOR(エムトール)は哺乳類などの細胞内でシグナル伝達に関与するタンパク質キナーゼで、細胞の栄養状態を反映し、蛋白合成、細胞増殖、血管新生、免疫などを制御するため、何かと利用の可能性が取りざたされています。実際、たとえばmTOR阻害剤は、ステントの再狭窄防止、抗癌剤、免疫抑制剤としてすでに実用化されていますし、トマトに含まれるトマチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSRIも神経再生が重要

ほう、うつの治療薬、SSRIもセロトニン系の神経調節として作用しているのではなく、むしろシナプスや神経再生を介して抗うつ効果を発揮しているというわけか、BDNF仮説みたいに。。。ここではインテグリンβ3遺伝子(ITGB3)の発現亢進を介して。 Transl Psychiatry. 2013 Oct 15;3:e313. doi: 10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦労をカウントできなくするとうつが改善する?

 わたしたちは同じ報酬を得られるのなら、苦労が小さい方を好みます。しかし、外側手綱核(lateral habenula)を不活性化させると、この好みの差が消失するのだとか。  うつの改善に脳深部刺激療法があり、外側手綱核を不活性化させますが、この処置が効果的なのは、苦労を玄と思わなくなるゆえなのかもしれません。 Nat Neuros…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

母親の妊娠時うつの治療が、子どもの思春期うつの予防に役立つ

 いくつかの比較的小規模な研究によって、母親の出産後のうつが子どもの思春期うつのリスク要因になることが示されている。しかし、大規模な縦断的研究は行われていない。また、主産前妊娠時のうつと子どものうつのかかわりを調べた研究も小規模なものが一つあるだけ(著者によれば)。  そこで妊娠時うつと出産後うつでは子どものうつに与える影響が異なり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつや不安に脳由来神経栄養因子がかかわる、その新しいルート

コーネル大のアナスタシアらは、脳で働くある遺伝子の多型(いわゆる変異、20%の人が持っている)が不安やうつ、さらには記憶力の減退になぜかかわるのかを見出した。 それは脳由来神経栄養因子(BDNF)の一か所のヌクレオチドがバリンからメチオニンに入れ替わった多型(Val66Met)で、BDNFはニューロンの成長や機能の強力な調整因子で、神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界なんてものは正確に認識しないに限る

うつ病患者さんは時間の把握がより正確なんだとか↓。健常な人が世界を正確に認識していて、病を得ている人たちがおかしいというわけではないらしい。むしろ種々のバイアスで隠ぺいしている何かと正確に対峙してしまうということが病の根幹なのかもしれない。 人は不正確に世界を把握するから生きていける。自分の(無意識含め)都合のいいように世界を把握して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者のうつが認知機能障害を引き起こすのではなく、認知機能障害がうつを伴うらしい

65歳以上の地域住民2160人を調べた継続的な調査から、調査開始時のうつと軽度認知障害の有病率がかかわることが明らかになった(オッズ比, 1.4; 95% CI, 1.1-1.9)、また認知症の有病率もうつとかかわることが明らかになった (2.2; 1.6-3.1). 一方で、うつは認知症の発症リスクの上昇とはかかわるものの (haza…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動は痛みどめかも?

ラットの実験ですが、運動によってヒートショックプロテイン(HSP72)の発現が促進し、炎症を促進するサイトカインTNF-αやIL-1βの発現低下がもたらされたとか。運動によって痛みを緩和する可能性が示されたんだそうです。してみると、130K爆死とか超アンニュイとかでも走るとスッキリって本筋? Exercise Training A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーキングはうつ症状の軽減に効果がありそうだ

ウォーキングのうつの処遇として効果についてメタ解析が行われました。計341人が参加した8つの無作為実験を対象とした解析によって、ウォーキングの効果量は-0.86で、ウォーキングは他のエクササイズと同様うつ症状の軽減に効果的であると考えられたそうです。 Walking for depression or depressive sympt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男と女の差メモ

システム化志向(法則を見出したがる)か、共感志向か。 いちばん(序列化)か、おんなじか。 空間認知課題が得意か、言語課題が得意か。 頭頂葉の皮質(空間認知にかかわる)扁桃体(感情を刺激する情報に反応する、ロックオン)がでかいか、前頭葉、側頭葉の皮質が厚く、海馬が大きいか。 気持ちの悪いスライドの記憶で、男性は右の扁桃体を活動させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そううつ病(双極性障害)ではリチウムによって海馬や扁桃体の容積が増す。

うつと躁を繰り返し、ギャンブル依存的な状態の背景にあることも多い躁うつ病(双極性障害)にリチウムが効果的なことは古くから知られている。近年では、うつ病と判断されてしまい抗うつ薬が投与され、なかなか改善しないケースも散見されるが、この双極性障害でのリチウム投与で、海馬や扁桃体容積の有意な増加を示された。リチウム非投与患者では海馬や脳容積の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるほど抗うつ薬がね、運動障害の改善に効果、海馬神経新生がらみですかね。

脳卒中の後、抗うつ薬のフルオキセチン(SSRI、セロトニンを増やす薬)を服用したほうが、プラセボに対して運動機能改善が有意に優れたとのこと↓。フルオキセチンなどのSSRIは神経保護作用や海馬神経新生の促進作用があるので、それが効いてくるということですかね。もともとSSRIがうつに効く機序もセロトニン直ではない、記憶の書き換えを容易にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

D1受容体とD2受容体の結合を阻害すると、うつの抑制につながるそうです。

クロザピン以降、統合失調症もD2のみでなく5-HT2もとなりMARTだとかでてきて、うつもSSRIからSNRI、この先ドパミン系が顔を出してくるということでしょうかね。これはこれでありがたいことですが、患者さんにざっくり説明するにはあいかわらずドーパミンびゅあー、とか、ちとセロトニン足らずとかの方が、とくにシゾイドにはいいかもしらんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひきこもりやヲタクのみなさんに事業仕分けをお願いする場合、食には是非気を使っていただきたいです。

ひきこもりやヲタクのみなさんに事業仕分けをお願いする場合↓、食に気を使っていただきたいです。The British Journal of Psychiatry によると、野菜・果物・魚が豊富な自然食パターンの人はうつ病リスクが低く、甘いデザート・揚げ物・加工肉・精製穀物・高脂肪乳製品が豊富な加工食パターンの人はうつ病リスクが高いとのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市化とうつ増加

ナイジェリアの調査で、都市化の程度とうつ罹患が相関したという。ランセットから。 大変わかりやすいですね。 人の距離が近くなること、土から離れること(腐敗土はセロトニン系を安定させるというし)、たんたんとした反復的な作業、農作業を失うこと。 うつになりやすい因子を持っていても、50年前なら発病しにくいわな、きっと。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず生きろ

老いも若きもうつっぽくなるのはわかる。めんどくさくなるし、手足動かんし、動けるようになるとしんどい。終わることだけが妙にリアルで、うらみと正しさが後押ししそうになる。 個々人違うにしても、そうなってさすらったこともあるし、よくわかる。 しょうがないからそういうじぶんをボーっとながめよう。あすどうなっているか、あさってはどう変わるか、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思春期うつは案外多い。

不注意や多動の傾向(ADHD傾向)が、ビデオゲームを一時間以上する群はそうでない群にくらべて強くなる↓、という論文を読んでいて、気になることがあった。 http://www.annals-general-psychiatry.com/content/pdf/1744-859X-5-16.pdf 日本で言う中三、高一対象の調査でADH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more