テーマ:痛み刺激

ひっこめ反応とつまみ反応

 皮膚への刺激は痛みに対する防御的な反応の起点となるほか、「なで刺激」のように心地よさにつながる刺激もある。後者については皮膚の有毛部にあるGタンパク共役型受容体のMRGPRB4分子を発現している小さな感覚ニューロン集団の関与が指摘され、毛づくろいなどの快感刺激のもととなり、正の行動強化とかかわると考えられている。このニューロンはヒトな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more