テーマ:睡眠

ノンレム睡眠時、忘却と記憶の定着が生じる

 睡眠は、記憶の固定と忘却の両方に関係しています。↓によれば、このバランスはδ波(delta wave)と徐波(slow oscillation)によって演出されており、紡錘波とδ波が出会うと忘却が促され、一方で徐波(slow oscillation)と紡錘波が出会うと記憶の定着が起きるのだそう。睡眠時には忘却が主であるが、その中で、徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッキングするベットだとよく眠れ、記憶も定着しやすいらしい

被験者18人の実験。左右に10.5 cm程ゆっくり(0.25 Hz)揺れるベットの効果は以下。 深い睡眠、睡眠維持、および記憶を促進する 速いスピンドルが増加、遅い振動のアップ状態と同期する シグマ波の増加と関連して記憶が改善する 連続ロッキング刺激は内因性睡眠振動を積極的に同調させ、深い眠りを促進する。 Aurore A. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校の開始時間を遅らせよう?

 10代若者は平日が寝不足であり、社会的ジェットラグ(平日と休日の睡眠中央時間がずれ、それが時差に当たる)をこうむっている場合が少なからずあります。  そこでシアトルの2つの高校で、2016年から2017年にかけ、授業開始時間を1時間ほど遅らせる試みをしました。その結果、生徒の毎日の睡眠時間がおよそ半時間超(34分間)増え、眠気が減り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児期の睡眠

 2歳くらいまでは6~9回の昼寝をし、一日の必要な睡眠を満たしています。5歳くらいになると、おおくの子どもは夜だけ寝るようになっていきます。この間の数年の移行期には昼寝が必要です。実際、30か月~36か月(2歳半~3歳)の幼児では、昼寝を1回しなかっただけで幼児の不安感が増し、喜びが減り、ものごとへの関心が低下、問題解決のための理解力も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食事のタイミングはサーカディアンリズムに影響する

動物では、餌を与えるリズムが、一日周期のリズムに影響を与えることが分かっていたが、人の概日リズムに食事のタイミングが影響を与えるのかはよく調べられてはいなかった。  英国・サリー大学の研究。健康な若者10人を対象。まず起床後0.5時間から5時間間隔で三回食事を六日実施、一時間おきにスナックを食べ(カロリーは同等)リズムをリセット、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康的な食事が、いい眠りを導きうるらしい

 ↓はペンシルバニア大の研究。2002年と2006年に食品摂取頻度を調べ、2004年の不眠症状との関連を調べたところ、2002年に摂取カロリーが多く、トランス脂肪酸、塩分を多くとり、野菜を少なく摂る人は、2004年で不眠症状を呈しやすいことが示されたそうです。また入眠障害も引き起こしやすく、これが2006年での、トランス脂肪酸、塩分を多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なれない場所の一晩目は左脳がやや起きている

 初めての場所など、枕が変わると寝付きが悪くなる現象を、一晩目効果と呼ぶが、このときの脳を状態をMEGなどを使ってブラウン大の佐々木由香准教授らが明らかにした。  男女11人に研究施設に泊まってもらい、ノンレム睡眠時(深く眠った時)の脳活動を調べたところ、左脳で徐波が相対的に小さく(深く眠っておらず)、このとき活動が高まっていたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レム睡眠が不足すると慢性うつや不安を生じやすい

 睡眠には段階があります。 ・第1段階は、寝床に入り、 うとうとした状態。脳の活動が低下しθ波(周波数 3-8 Hz)が現れます。 ・第2段階は、すやすや眠りで、一過性の睡眠紡錘波やK-複合波と呼ばれる脳波が出現します。 ・第3、第4段階は、深い眠り、ノンレム睡眠で「徐波睡眠」と呼ばれます。このとき、記憶の定着が促進されることが知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レム睡眠で記憶の整理、ノンレムで定着、ただしレムは必須

 深い眠り、徐波睡眠時に記憶の定着が行われ、また加齢に伴って眠りが浅くなることが記憶が定着しにくくなることとかかわったり、あるいはアルツハイマー病の原因物質のひとつアミロイドベータの沈着とかかわることが報告されています。今回、筑波大の林先生等は、浅い眠りと深い眠りを切り替える神経細胞を特定し、遺伝子操作によって浅い眠りをなくしたところ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の記憶障害は、アミロイドβによるノンレム睡眠時の徐波睡眠減少によるのかもしれない

 記憶は睡眠中、とりわけ深い眠りのノンレム睡眠時に固定されることが明らかになりつつあり、また高齢者では徐波睡眠が減る、眠りが浅くなるので、これが記憶の定着を阻害して高齢者の記憶力を低下させているのではないかと取りざたされてきました。  今回、カリフォルニア大のMatthew Walkerらは、70歳から79歳の健常成人26人について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝型勤務を国全体で推進することはおすすめできないそうです。

朝型、夜型といった睡眠のタイプをクロノタイプといいます。 一般にクロノタイプを比較すると、朝型の人のほうが誠実でうつ傾向が低いなど、朝型と夜型のいずれがよろしいかといえば、朝型です。 しかし、夜型を朝型に変えることは容易ではないそうです。そもそも朝型、夜型の程度は双子研究によれば50%程度は遺伝で説明でき、夜型の人は時計遺伝子のサイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ええ、ええ、そうでしょうとも。とるべき睡眠時間。

 米国立睡眠財団(National Sleep Foundation :NSF)は日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、メキシコの六か国に住む25~55歳の男女1500人にアンケート調査を実施しています。その結果、最も平均睡眠時間が短いのは日本で1日6時間22分だったそうです。次がアメリカで6時間31分、イギリス(6時間49分)、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かをやめたり、減らしたりしたい方に朗報。睡眠学習が効くらしい。

 イスラエル、レフォヴォト研究所のアルジらは、禁煙をしたいと考えている66人の被験者の睡眠中に、嫌な匂い(腐った卵や魚の匂い)とタバコの匂いを続けて嗅がせたところ、被験者の喫煙量を減らすことに成功したそうです。この睡眠学習に最も適していたのは、やや深い眠りのステージ2、ノンレム睡眠時だったそうです。すでに、睡眠中に音や匂いの条件付けはで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓だいじ。

当然といえば当然ですが、あらためて結果が出ると、なるほどです。 ↓によれば、窓のある職場で働く人は、睡眠の質が良く、より長く眠れ、生活の質(QOL)が高いそうです。職場に窓を、太陽を、ですな。 J Clin Sleep Med. 2014 Jun 15;10(6):603-11. doi: 10.5664/jcsm.3780. I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DHAの血中レベルの高い子どもはいい眠りをしているんだとか

腕時計型小型高感度加速度センサー&ロガー、アクティグラフを用いた、イギリスの7-9歳の健康な小児395人の研究で、ω3脂肪酸のひとつ、DHA(ドコサヘキサエン酸)の血中レベルが高い子は睡眠が良好だったそうです。また、DHAの補助的摂取によって睡眠中の目覚めが減り、睡眠時間を一晩あたり58分増やすことが明らかになったそうです。 Paul…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠るって大切です。アルツハイマー病予防にもなり得ます。

 53~91歳の平均年齢76歳の70人を調査した結果から、睡眠時間が短かかったり、睡眠の質が低かったりすると、アルツハイマー病の主たる関連物質の一つ、アミロイドβの沈着が亢進することが[11C]PIB-PET検査によって示されました。[11C]PIBは通称ピッツバーグ化合物B。2002年ピッツバーグ大学でアミロイドマーカーとしてポジトロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている間に恐怖が和らぐらしい

 恐怖の記憶は寝ている間に繰り返されることで減っていくらしい。この発見↓は恐怖症に対して、昼間の間にセラピーを行う治療に加えて、寝ている間に治療を行うという新しい方法に道を開くものだ。  これまでの研究で空間位置の学習や運動手順の記憶が寝ている間に強化されることが明らかになっている。しかし、情動記憶が寝ている間に操作可能かは明らかにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている間に脳は配線をととのえ、栄養補給体制をよくする

 睡眠中に記憶の定着が起きることはよく知られており、たとえばピアノ演奏などの「技の記憶」では睡眠を挟むことでそのパフォーマンスが20%増すなどということが報告されています。↓はそのメカニズムの一端を示すかもしれない話。  中枢神経系には神経細胞ニューロンとその以外のグリア細胞がありますが、グリア細胞の一つにオリゴデンドロサイトという細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児期の不規則な睡眠は頭の働きを悪くする、寝不足はけんかを増やす?

 イギリスのミレニアムコホートスタディに参加した11,178人の7歳児を対象にした研究↓で、7歳時点で就寝時間が不規則な女の子は読解、数学、空間認知についての認知機能テスト成績が悪くなっていましたが、男の子ではこの関係が見いだせなかったそうです。しかし、3歳時点で就寝時間が不規則な場合は、男女とも7歳時点での認知機能テストの成績が悪くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝不足は不安や嫌悪感を助長したり長引かせたりするかもしれない

↓の研究で、睡眠不足にさせると、不安を引き起こす状況時の不安や恐怖に関係する扁桃体や、嫌悪感や内部モニター、その予測にかかわる島皮質の活動が睡眠不足でない時に比べて高まることが示されました。寝不足は不安を予期する力をそぎ、不安や嫌悪感を助長したり長引かせたりするかもしれないわけです。 J Neurosci. 2013 Jun 26;3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬で睡眠の質改善→言語的記憶の改善

睡眠の重要な役割の一つは記憶の定着にある。そしてたとえばレム睡眠や紡錘波などの睡眠の諸相が様々な記憶の改善に役立つことが知られている。しかし、睡眠の操作が困難なためにある睡眠の諸相と記憶の固定の一般的な関係が明らかではなかった。そこで昼寝の間薬物的な介入によって実験的に睡眠の諸相を操作した。ゾルピデム(アンビエン)はGABAA受容体の活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6時間未満の睡眠は体内リズムをこわします

被験者26人を1週間の睡眠不足(6時間未満の睡眠)にして、血液RNAを解析したところ711遺伝子の発現が変化した。さらに日内変動を示す遺伝子数が1,855から1,481へと低下し、変動幅も低下したそうです。 Effects of insufficient sleep on circadian rhythmicity and exp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ることは大切ですが、歳をとると・・・

睡眠が記憶や技術を定着させ、ひらめきを促進することが知られています。特にノンレム睡眠期に記憶が定着することが明らかになっていますが、歳をとるにともなって起きる内側前頭前皮質の萎縮がノンレム睡眠期に徐波(ゆるやかな脳波)を抑制して、記憶が定着しにくくなることが明らかになりました。老人の睡眠障害は加齢に伴う認知機能低下に関わるらしいのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている間に新しいことを学びうる

寝ている間に、いわゆる記憶や技の記憶の整理定着が進むことはよく知られていますが、寝ている間にそれまで学習したことのないことも学べるようです。睡眠中に匂いの種類と関連づけた音を聞かせた後匂いをかがせます。匂いはいい匂いもあれば嫌な臭いもある。いい匂いをかぐと人は深く嗅ごうとしますが、この関連の学習によって、睡眠中も起きた後もいいにおいを嗅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こう暑くては睡眠不足。睡眠不足によって大事な情報を見つけるのに時間がかかるようになるのだとか。

こう暑くては睡眠不足にもなります。残念なことに、睡眠不足によって大事な情報を見つけるの(視覚検出)に時間がかかるようになるのだとか。28時間周期で5、6時間の睡眠を繰り返すと、重要な情報を見つけるのにかかる時間が増大するのだとか。 また、夜12時から朝6時は視覚検出が昼間よりも遅いそうですから、とにかくゆっくり眠りましょう。 T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験生?寝なさい

61-87歳を対象とした短い物語を聞き、その内容を思い出す実験。学習後、空間認知的な簡単なゲームをした群にくらべ、10分目を閉じて休んだ群の方がその内容を直後も7日後もよく覚えていた。むと内容をよく覚えていた。新しい情報を学習した後の数分間の活動がその情報をどれだけ長く覚えていれるかに影響を及ぼす。 Psychol Sci. 2012…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚ましでやっと起きる人は肥満になりやすいかもね。

体内時計と調和のとれた生活を送っていると、一定の時間に自然に目覚める傾向が出てきます。一方、健常人21人を対象とした実験で、体内時計にそぐわない睡眠パターンをとっていると安静時代謝を下げ、食後血糖濃度の上昇をもたらすことが示されました。無理に起きるような生活を起こっていると太りやすくなるわけですね。同様に睡眠時間が5,6時間の睡眠不足で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌~なものを見たときは、すぐに寝ない方がいいようです

睡眠は記憶の固定に役立つことが知られていますが、嫌な記憶や嫌な気持ちも例外ではないようです。嫌な絵を見た後、しばらく起きていると嫌な感情反応が小さくなり、すぐに寝てしまうとこの感情反応の縮減が消え去るそうです。ふて寝は危険かもしれません??? J Neurosci. 2012 Jan 18;32(3):1035-42. Proces…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more