テーマ:自殺

バッシング、自殺、めも

バッシングに走りやすい理由として以下があげられます。 ①人は相手が痛んでいると、同じような痛みを感じる脳の仕組みを持つが、痛むのが当たり前という標識(バッシングされて当然という標識)が付くと、その共感脳の活動は低下し、むしろ快感が生じる。 ②人は顔を見ると表情読みにかかわる偏桃体の活動がまし、恐怖や不安を感じやすくなるが、それがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日が自殺のピーク、とくに10の節目

 4月、9月と新学期の初めの日に自殺が多いことが知られています。  一方、誕生日にも多いことが知られていて、↓はそれを、厚生労働省の1974~2014年までの日本の人口動態統計データを使って示した研究。  自殺や事故で死亡したのは約207万人で、約8,000人が誕生日に亡くなっていたそう。うち誕生日に自殺した人は約4,100人で、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一度自傷行為をした若者の一年以内の自殺は46倍にもなる

 ↓は自傷行為を行った12~24歳の若者、32395人の一年間の追跡調査の報告。  自傷行為を行った後、一年以内に自殺によって死に至った率は、10代では46倍、20-24歳では19.2倍となっていた(デモグラフィックを合わせた一般人と比べて)。  自傷後の自殺のリスクは白人に比べてアメリカインディアンやアラスカ先住民は4.69倍だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病と自殺リスクに共通する遺伝子と有効な薬物を特定?

 自殺者の90%以上に気分障害(大うつ病)がみられること、また気分障害の自殺傾向に対する遺伝的脆弱性が指摘されていますが、その根拠を示す研究はあまり行われていません。  イラン医科大のAli Bozorgmehrらは、文献レビューで、うつ病と自殺行動に関連する遺伝子および遺伝学的薬物治療についての検討を行い、最も基本的な共通遺伝子とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自傷行為を行った小児及び青年のその後の自殺のリスクは17.5倍、薬物使用障害等は34.3倍

 英国の三つのデータベース(Clinical Practice Research Datalink、Hospital Episode Statistics、Office for National Statisticsを使った調査。2001~14年の間に自傷行為を行った10~19歳の1万6,912例を、年齢、性別、施設(病院等)をマッチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メチルフェニデートで自殺が増えるわけではないらしい

ADHDの患者さんでは自殺企図が増えるリスクがあることが知られています。しかし、この自殺企図の増加と、ADHDの主たる治療薬メチルフェニデート投与との関連ははっきりしませんでした。  そこで2001年から2015年にかけて、香港の6-25歳の25629人について調べたところ、メチルフェニデート使用患者の自殺企図リスクは薬の使用以前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0-14歳での不遇な家庭環境は、15-24歳での自殺リスクを1.6倍にする

 1987-91年生まれのスウェーデン人548,721人のコホート調査。0-14歳での家族の死亡(自殺は除く:自殺リスクがターゲットなので、自殺家族に自殺が多いことは知られているので除外)、両親の薬物使用、精神障害、重犯罪、親の離別・片親、生活保護受給、住所不定と、15-24歳での自殺リスクの関連を調べた。  結果、こうした不遇は自殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートが自殺率を低下させる

 うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートはやはり自殺率低下に効果を示すようです。↓は青森県立保健大学の大山先生らの研究。うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートを行っている自治体と、そうでない自治体の住民について、年齢、性別を一致させた準実験的な調査を行ったところ、実施前後の4年間で、うつ病のスクリーニングとその後のケアサポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双極性障害の自殺企図は混合期とうつ病エピソード期

 双極性障害(BD)はそう状態とうつ状態が繰り返されたり、その混合状態が続いたりする障害で、「うつ」の仲間のように思われがちですが、遺伝子解析では異なる疾患と考えられ、治療薬も異なっており、双極性障害なのか、うつ病なのかの見極めは極めて大事です。  ↓は双極性障害と自殺企図の関連を長期前向きコホート研究で明らかにしたもの。BD-I、B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自殺予防には心理より物理?

 テルアビブ大などが1797の研究(23の系統的レビュー、12のメタ解析、40のRCT、67のコホート研究、22の環境や人口研究に基づく調査)をまとめた結果、自殺の予防には、鎮痛剤の制限で43%、飛び込み自殺で有名な場所に壁を作るなどの制限で86%へり、学校でプライマリケア医、学校・職場の専門家がリスク行動に気づくプログラムを行うことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思春期に握力が弱い男性は心臓疾患、自殺、こころの病が多い。

・スウェーデンの16-19歳男性1 142 599名を24年間追跡した研究。 ・24年間で26145名が死亡。 ・自殺が22.3%ともっとも多く、心臓循環器系疾患による死が7.8%、ガンが14.9%だった。 ・思春期に膝の進展力と握力から評価した「筋力」が高い人は、ガン死とは無関係だが、肥満度や血圧とは独立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more