テーマ:オキシトシン

コカイン使用障害におけるオキシトシン効果は、性別とトラウマ体験の有無で異なるらしい

 依存症には自己治療仮説がある。何かに依存するのは、こころや体の痛みやストレスから逃れるためで、たとえばトラウマの疼きを自己治療するように薬物等を使用するといったものです。脳でいえば、単に腹側被蓋、側坐核、線条体、腹内側前頭前野といった快感系に出来上がったニューラルネットワークが問題なのではなく、痛みにかかわる島皮質や、嫌悪にかかわる偏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほー、オキシトシン受容体阻害薬で早漏がなおる・・・・

 オキシトシンは愛着ホルモンなどとも呼ばれ、たとえばオキシトシンの分泌が高い男性は、パートナー以外の女性と距離をとりがちだとか、自閉症のコミュニケーション障害が鼻腔からのオキシトシン投与で改善する、バイアグラを使用するとオキシトシンが分泌しやすくなり、相手にすべてを譲りたくなる、などといった報告があります。  今度は、早漏にオキシトシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトとイヌも見つめ合いを介して感情的な結びつきを強める(オキシトシンを介して)

 オキシトシンは信頼ホルモン、愛着ホルモンなどと呼ばれ、信頼できる人の声を聞いたり、頭をなでられたり、スキンシップしたり、見つめ合ったりすると分泌を増します。また鼻にスプレーすると、人を信じやすくなったり、人の気持ちが読みやすくなったりすることも知られ、東大と金沢大のチームは、オキシトシンを鼻腔にスプレーすることで自閉症でのコミュニケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他者を信頼する方が幸せです。

 家族とか親しい友人に対する信頼と、社会の他の成員に対する信頼は同じようでいて異なる側面がありますが、他者への信頼は市民社会を支える大事な要素であることが経験的に幅広く論じられてきました。また他者への信頼を強く持つ人の方が、起業家精神やボランティア精神を強く持ち、主観的健康度や幸福度が高いことが示されてきています。  しかし、最近の研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オキシトシン投与が男の浮気を防ぐ!

男性にオキシトシンを投与すると、妻、恋人など連れ合いの女性の魅力や価値を強く感じるようになり(脳の報酬領域が連れ合いで高まりやすくなり)、一人の女性との親密な関係を維持しやすくなるのだとか。 Oxytocin enhances brain reward system responses in men viewing the fac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オキシトシンは単に信頼ホルモンではなく、必要な信号を増強する

海馬で、オキシトシンは急速発火抑制性介在ニューロンの活動を亢進させ、結果、ノイズ信号を抑制しつつ必要な信号を増強する。自閉症児ではオキシトシンレベルが低く、またオキシトシン受容体遺伝子変異は自閉症発現傾向を高めることから、オキシトシンは単に信頼ホルモンとして抽象的に働くわけではなく、必要な信号の増強に役立っており、その働きの低下がコミュ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浮気防止にオキシトシン?

オキシトシンは信頼や愛着の形成にかかわるホルモンと考えられ、その鼻腔投与で投資ゲーム中に相手を信頼してその投資額が増え(Kosfeld M, et al. Oxytocin increases trust in humans.Nature 435 : 673-676, 2005)、寄付ゲームで相手に対する同情が高まり相手への施しが増えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more