テーマ:

恋のドキドキはドーパミン

 以前から、熱愛中のパートナーの写真を見ると、ドーパミンが強く関与する報酬系の起始点、腹側被蓋や、行動と快感を結びつけやる気にかかわる線条体の尾状核が活性化し、逆に相手を疑うことにかかわる扁桃体や頭頂側頭接合部の活動が低下することが、fMRIによって明らかにされてきた。  しかし、この脳活動にドーパミンがかかわるとは推測されるものの、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、学生に使ったネタ

・チョコレートドーナッツ好きの目の前に、おいしそうなチョコレートドーナッツをおいて食べないように言っておきます(つい食べてしまう人もでるのですが)。その後、その人たちを屈辱的な目に合わせると、我慢して食べなかった人のほうが攻撃的な反応を示すんだそうです。 ・また、がまんをさせると、怒りをテーマにした映画を見たがったり、怒りに関係する情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性は男の涙で体を許し、男は女の涙で愛を深める、だったらおもしろかったんだが・・・・・

雄マウスに含まれる「ESP1」というペプチドを雌マウスの鋤鼻器で感受させると、視床下部に情報が伝えられ交尾行動を受け入れる姿勢をとる率が10%から50%に上がったとの報告がネイチャーにのったことがあった。おお、ESP1すげーじゃん、とは残念ながらいかなかったのはESP1が人にはなかったから。 で最近、今度はサイエンスで、人で女性の悲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バリらぶ」な彼女の写真は痛み止め?

恋のさなかの恋人の写真を見せると痛みが治まるそうな↓。似たような話では、お金を見せると熱湯があまり熱くなくなるとか、偽薬でも信じれば痛みが小さくなるとか。いずれも報酬系(ドパミン系)の活動によって痛みがマスクされるメカニズムが指摘されている。 余談だが、彼女の写真を見せてから腕をつねり上げ、痛がるようなら・・・・・もちろんわたしは奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳をとってもドキドキ?

ヘレン・フィッシャーは恋している人たちの脳をスキャンし、わくわくドキドキする快感にかかわるドーパミン神経系の起始点、腹側被蓋野が活性化すると報告した。この活動は恋が燃え上がっているときに顕著で、いずれさめてきて落ち着いた関係に移行する。そのとき恋のさなかには活動を低下させ、強迫的な行動や情動に関連するセロトニン神経系が、活動を高めていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コイノジカン

コイノジカンというSBCラジオの録音をしてきた。なんだかとても面白かった。生田さんがええ感じだった。なんだろう、ラジオ局のチープ?感、相当いいし、対面、少人数、カウンセリング型が楽なのかもしらん。 ま、時折おつきあいしたいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性は恋するとやせる

女性が恋するとやせるメカニズムの一端が明らかになった。 女性ホルモン(エストラジオール)は弓状核でPOMCニューロンの発火を促進し、メラノコルチン細胞の再配置を促す。これはレプチンと同様の作用で、摂食・体重増の減少やエネルギー消費の増加を促進する。恋して女性ホルモンが増せば食欲も落ちやせるわけだ。 一方、断食によってT3介在性のUC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お見合い脳?

ターゲット部位、前頭葉、前頭眼窩部、ブローカ野、側頭極。 美人女優VS大学先生 セッション1 女優フラット、マッチングとペーシングが見事。先生は正中部が特に賦活、ブローカ、同相同野も賦活。 セッション2 女優フラット。先生も落ち着いてくる。特に正中部の活動を低下させている。 極論すれば、先生にとって、セッション1はドキドキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は茅野の花火大会

 今日は茅野の花火大会。  15日は諏訪湖花火大会。その日、SBCラジオ生、いつものやつ。諏訪まで中継車が来るそうだ。  花火、これは生に限る。あの低周波と高周波。可聴域を越えた部分が脳幹を賦活させる。そしてそのドキドキ感と恋のドキドキを勘違い?するものたちが多発し、花火大会は恋の祭典に変わりやすい。俗に言うつり橋効果だ。異性とつり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more