テーマ:ADHD

不注意傾向がインターネットゲーム使用での没入傾向を高め、障害リスクを高めるのかもしれない

「問題のあるオンラインゲーム使用」「問題のあるインターネット使用」と「没入傾向」「ADHD(注意欠如多動症傾向)」の関連についてのソウルでの研究。  51人の男性大学生についての横断的インタビュー調査。51人は23人がアクティブなゲーマーで、28人はそうではない対照群。  現在のADHD傾向は、「問題のあるオンラインゲーム使用」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD治療薬で脳が変わる

 まあ、カウンセリングでも脳活動はよく変わるし、瞑想でも結合が変わったりするので、「脳が変わる!!」で驚いたふりはくだらんと思いますが、↓はADHDの治療薬メチルフェニデート(リタリン、コンサータ)で男児の脳白質の結合が強まったというもの。  アムステルダム大の研究。メチルフェニデート使用歴がないADHD男児(10~12歳)および成人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASDやADHDがインターネット症の増悪要因かどうかあやしいかもしれない

 インターネット症(IA)は、自閉症スペクトラム障害(ASD)と注意欠陥多動性障害(ADHD)の青少年に流行していると報告されています。 しかし、ASDやADHDの人たちの追跡調査からインターネット症の経過を示した研究はありません。 そこで、ASDおよび/またはADHDを有する青年89人の2年間追跡調査を実施。 IAのうち60%が自然寛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD新薬、過活動、注意散漫両方に効くらしい

 Supernus Pharmaceuticals社のADHD(注意欠如・多動症)薬SPN-812(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害経口剤)の高用量(400 mg/日)投与で、一週間でプラセボとの有意差が認められ、6週間後の投与完了まで維持されたそう。  この一連の第3相試験は来年2019年四半期末までに判明し、2019年後半には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早生まれでADHDは誤診かもしれない?

 米国の2007~2009年から2015年まで、407,846人を調べた結果、8月生まれの子は9月生まれの子に比べて7歳時点でのADHD診断率が1.34倍高かったそう。こうした傾向は喘息、糖尿病、肥満では見られず、日本では3月生まれに当たる子どもたちで、ほぼ一年遅く生まれ幼いこととADHDである可能性とが見分けられず、誤診された可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中のあれこれで言語発達遅滞?ADHD?

 まずは環境ホルモン系の研究。フタル酸エステル。フタル酸ジブチル(DBP)およびフタル酸ブチルベンジル(BBP)。  スウェーデンか米国の長期観察研究に参加した妊婦とその子ども、スウェーデン963組、米国370組の分析。子どもが理解している単語の数を聞き、生後30~37カ月で理解できる単語の数が50個以下なら言語発達遅延と判定。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHD児には運動が有効

 長野県の箕輪町では、子どもたちに運動遊びの機会を提供しています。提供している運動プログラムは柳澤運動プログラムと呼ばれるもので、柳澤秋孝氏(前松本短大教授)が開発したもので、ご子息の弘樹博士(子どもプラス(株)社長)が積極的に全国展開しています。11月には箕輪町で運動遊びの大会があるそうで、わたしも少し話します。  ここ数年、教育経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5歳児のADHDスクリーニング

↓は、弘前大学の髙柳 伸哉先生らが、5歳児のADHDをスクリーニングするため、家庭および学校でのADHD-Rating Scale-IV日本語版(P- and T-ADHD-RS)の心理的特性を評価したもの。P-ADHD-RSの精度が高いとのこと。また、日本人のスコアは米国より低いそう。ギャンブリング障害とADHDのかかわりが諸外国では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人のADHDは子どものADHDとは違う?

 以前、ニュージーランドからも似た報告がありましたが、大人のADHD(注意欠如・多動症)は子どものADHDと異なる可能性、もしくは、診断レベルに達しない子ども期のADHDが大人になって顕在化した可能性が、あらためて指摘されています。  ↓はブラジルと米国での2つの調査。いずれも、小児期にADHDと診断され、かつ成人期初期でもADHDで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHDをゲームで治療:ネット時代の心理障害予防

 以前から計画が発表されていましたが、ビデオゲームを使ったADHD(注意欠如・多動症)治療の二重盲検無作為化試験の開始が発表されたそうです。  ADHDではゲームにはまりやすく、継続的な長時間遊技で症状が増悪することも報告されていますが、注意の持続、実行機能強化をねらってデザインされたゲームでは、症状の改善が報告され、大規模な検証が待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやなデータだな。学年で遅く生まれたこの方がADHDと判定されやすい。

 日本は4月入学なので、4月生まれに比べ3月生まれは成長に一年ほどの差があることになります。台湾は9月入学なので、日本の早生まれが6,7,8月生まれになります。  さて、台湾の4~17歳約38万人の調査の結果、8月生まれ(学年の中で最も遅く生まれた子たち)は、9月生まれ(最も早く生まれた子たち)より、ADHD(注意欠如・多動症)と診断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブル障害の疑いの重症度とADHD症状は関連し、歳をとるほどその関係が強まる

 カナダ・マニトバ大学のJennifer Theuleらは、ギャンブル障害の疑いの重症度とADHD(注意欠如多動症)の症状との関連を調べるため、PsycINFO、PubMed、ProQuest Dissertations & Theses、Google Scholarより、関連する研究を検索し、ランダム効果モデルを用いてメタ分析を行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオゲームでADHD治療

 ビデオゲームによる認知トレーニング効果については、Nature誌上でも賛否ありました。たとえば、Owenらは11430人が参加した6週間のオンライントレーニングで、それぞれのタスクのパフォーマンスは向上しても、トレーニングしていない事柄への汎化は認められないことを報告する一方で、Angueraらは60-85歳の高齢者のマルチタスクトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more