ほう、握力が高いとうつの発病を抑制しうるのか。

 50歳以上の一般成人4,505例の調査。
 握力によって三分位し、2年後のうつ病発症オッズを調べた。
 三分位の中位で、うつ発症オッズが31.5%有意に減少(p=0.04)、上位では34.1%減少した(p=0.02)。
 握力と健康の関連、握力とメンタルヘルスの関連は以前から指摘されていたが、縦断的に明らかにしたのは珍しい。
Sex-related differences in the association between grip strength and depression: Results from the Irish Longitudinal Study on Ageing.
McDowell CP, Gordon BR, Herring MP.
Exp Gerontol. 2018 Feb 14. pii: S0531-5565(17)30774-X.

"ほう、握力が高いとうつの発病を抑制しうるのか。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント