がまんが効きにくい人をほめるとますますがまんがきかなくなる?

コロンビア大学経営大学院の教授キース・ウィルコックスらは被験者84名を二つのグループに分けFacebookとCNN.comサイトのどちらかを5分見せた。その後、健康的なグラノーラ・バーと、それほど健康的でないチョコレートチップ・クッキーを選択させたところ、Facebookを閲覧したグループはクッキーを選び、CNNを閲覧した者はグラノーラ・バーを選ぶ傾向が強かったのだとか。
彼らの研究によればソーシャルネットワークに時間を費やすと自尊心が高まり、自尊心が高まると自制心も高まるのが一般的なのだとか。
フェイスブックの閲覧で自制心が低下した人(チョコクッキーを選んだ人)はBMI(「肥満度」を表すボディマスインデックス)が高く、クレジットカードの負債額も多い傾向にあった。報酬の時間割引が大きく(目先の快を優先する人)、符号効果の小さい人(危険を恐れない人)はBMIが高い傾向があるので、新奇性が高く損害回避性の低い人が褒められるとタガが外れやすいかもしれない。
Are Close Friends the Enemy? Online Social Networks, Self-Esteem, and Self-Control
Keith Wilcox
Columbia Business School - Marketing
Andrew T. Stephen
University of Pittsburgh
September 22, 2012
Journal of Consumer Research, Forthcoming
Columbia Business School Research Paper No. 12-57

"がまんが効きにくい人をほめるとますますがまんがきかなくなる?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント