人間の体温は36度あたりですが、どうして体温より低い気温でも暑いと感じるのですか。水の温度だと熱くないのはなぜ。

 まず36度くらいのお湯はぬるい理由を考えます。
 入ってすぐは、まあ、温かくなくもない。これ実は、体温36度と言っても、体のどこでもが36度というわけではないから。たとえば足などは27,8度くらいだったりしますから、36度ならまあ温かい。
 でも水は熱伝導率といって、熱を伝える力が、空気より強い。余談だけど、鉄はもっと強く、だから夏場の鉄棒は暑くて触れない。鉄棒の熱エネルギーが速攻で体に伝わるから。
 いずれにしても、36度のお湯は体表からエネルギーを与えていき、どこも36度くらいになっていく。しかし、この時問題なのは、深部体温と言って、体の芯の温度。ここは37,8度あって、これが下がると眠くなったり、代謝が落ちたり。だからこの温度は維持できないと寒い、ぶるっと震えて、エネルギーを作り出そうとする。
 ま、これが、36度のお湯がぬるい理由。人によりケリだけど、40-42度くらいで37,8度はやや高い状態で維持しやすい。
 一方、気温36度。
 36度より低い場所は暑く感じるし、気温というのが曲者で、空気からのエネルギーより、外なら直射と輻射が大きい。室内でも壁からの赤外線が体を直接温める。体感温度というのは、普通の気温計(乾球温度計)だけでなく、湿球温度、黒球温度も使って算出する。湿度が高いと発汗しにくく暑いし、直射や輻射が強いと黒球は暑くなる。
 また、温度を感じコントロールしているのは脳。
 体はもともと熱を作っている。いやな例だが死体は温かくない。そのエネルギーを吐き出し、バランスをとっている。36度の体(37,8度の深部体温)がある程度の排熱でバランスをとっており、これが暑い方向に触れると汗を出す。寒いとふるえるなどで熱産生する。その気温が20-25度くらい。だから36度は暑い。
 サウナの100度は暑いけど汗をいやというほど書くので、まあ、耐えられる。100度のお湯は皮膚にエネルギーを伝えてしまって、やけどするが、空気だと伝えるのが遅く、もつ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント