ギャンブリング障害の診断基準

*ギャンブリング障害とは・・・ICD11(国際疾病分類第11回改訂版) ギャンブリング障害は、オンライン(例えばインターネット)またはオフラインで、持続または繰り返されるギャンブリング行動により特徴づけられ、以下のように記載される。 1.ギャンブリングのコントロールがうまくいかない(たとえば、ギャンブリングの開始、頻度、かけ…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナの致死率は1%以下が確実らしい

 長野県の人口とほぼ同じ約200万人を有する米サンタクララ群での新型コロナ有病率推定。いわゆる抗体検査によるもの。Facebookを使って被験者3300人をサンプリング。郵便番号、性別、人種/民族で調整して推計。この際、メーカーでのテストデータ、スタンフォードでのテストデータ、両者の組み合わせ、で感度を推定。  結果、調整前の値では新…
コメント:0

続きを読むread more

「EGM(カジノ等に設置されているスロットマシンなど)はギャンブリング障害のリスクが高い」という通説は見かけに過ぎ…

 ギャンブリング障害のリスクは、EGM(electrical gaming machine:カジノ等に設置されているスロットマシーンなど)で特に高いことが指摘され、日本のぱちんこが形態的にはEGMであることから、この知見を用いて、ぱちんこのギャンブリング障害のリスクは高いのではないかと指摘されてきました。  しかし、↓によれば、EGM…
コメント:0

続きを読むread more

不注意傾向がインターネットゲーム使用での没入傾向を高め、障害リスクを高めるのかもしれない

「問題のあるオンラインゲーム使用」「問題のあるインターネット使用」と「没入傾向」「ADHD(注意欠如多動症傾向)」の関連についてのソウルでの研究。  51人の男性大学生についての横断的インタビュー調査。51人は23人がアクティブなゲーマーで、28人はそうではない対照群。  現在のADHD傾向は、「問題のあるオンラインゲーム使用」「…
コメント:0

続きを読むread more

中学生のインターネット使用障害疑いは2014年から2018年で増えているらしい(愛媛大の研究)

 中学生(12~15歳)について、2014年と2018年に調べた合計1382人の研究。ただし同じ人を縦断的に追跡調査したのではなく、それぞれワンショットの横断調査の比較。  ヤングのインターネット依存症テスト(IAT)、日本版一般健康調査票(GHQ)、および睡眠習慣とIT機器の使用に関する質問票で調査。  平均IATスコアは、201…
コメント:0

続きを読むread more

テトリスはトラウマに効き、海馬を大きくする?

日本ではゲームは悪者扱いされがちなのかもしれませんが、例えば、テトリスはトラウマ的出来事を経験した後の侵入的な記憶を減らすのに役立つ予防的な介入として役立つことが示されています。しかし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者でテトリスを評価したり、テトリスのプレイが脳構造にどのように影響するかを調査した研究はなかったそう。  そ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の自発的運動は筋肉幹細胞の活性を回復させる?

 一昔前は、年寄りの冷や水などと言われ、高齢者に運動をさせるなんて骨でも折れたらどうする、などと言われたことがあった。しかし、運動は骨に刺激を与えかえって骨を強くするし、認知機能の低下予防または改善に役立つことも示されている。  ↓は、筋肉そのものの若返りのプロセスを示したマウスの実験。  歳をとると、筋肉量は減少し、筋肉の再生能力…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナメモ2

 感度問題:陽性を陽性とする率、6-7割。入院や隔離を決断する段階の検査として、感度が低い検査は、陽性の人を陰性といってしまい、本来不向き。3割は取りこぼす。仮に陰性でも感染者と仮定した対応が必要になる。また、炎症反応があり、画像検査で疑われれば、陰性でも新型コロナと扱った方が適切。その後の治療対応は同じだし、アビガン等はコロナでもイン…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナメモ

新型コロナはクラスター感染。 クラスター感染とは、多くの人は誰にも感染させないが、一部に1人が多くの人に感染させている感染。リンクの追えない症例からつながった患者の集積のうち5人以上のものをクラスターと呼ぶ。⇒だからクラスター対策が初期の主体 孤発例の周辺には必ず見えないクラスターがある。 なぜ見えないか。 軽症、無症状が多…
コメント:0

続きを読むread more

ぱちんこにおけるギャンブル等依存症とは?

「ギャンブル等依存症対策基本法」では、『「ギャンブル等依存症」とは、ギャンブル等(法律の定めるところにより行われる公営競技、ぱちんこ屋に係る遊技その他の射幸行為をいう。第七条において同じ。)にのめり込むことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態をいう。』と定義し、『ギャンブル等依存症がギャンブル等依存症である者等及びその家族の…
コメント:0

続きを読むread more

ギャンブルを自分では止められないという自覚は、ギャンブル障害の増悪因子かもしれない

 認知の歪みには、Positive Gambling Expectancy(GE:ギャンブリングをすることで自分に良い影響があるという認識)、Inability to Stop gambling(IS:ギャンブリング行動を自分で止めることが出来ないという認識)、Illusory Control(IC:ジンクスに従うことなどによって、ギャ…
コメント:0

続きを読むread more

学生諸君は、新型コロナがらみではココを見ておいてください

 人システム論、脳システム論、脳科学特論、3年ゼミ、卒研を受講予定の学生諸君は、大学生としての基礎リテラシーでもありうるので、押谷先生のスライド(https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf)を見ておいてください。二点ほど問題点がありますが(流行初期の最大の謎:健康観察対象者・発症前問題、急速な感…
コメント:0

続きを読むread more