ぱちんこなんて自由時間だけやっていればだいたい大丈夫

 PPDS(パチンコパチスロ遊技障害尺度、秋山ら)では61点以上で、直近一年間の遊技障害(パチンコ関連のギャンブル等依存)の疑いが生じます。
 ぱちんこプレーヤーで61点以上と、61点未満で有意な差が認められた項目と、効果量、中央値を2017年報告から抜粋すると以下(https://www.syaanken.or.jp/?p=10120)。

結婚の経験があるが離死別なし(.09*)現役プレーヤー51%、61点以上29%
離婚の経験がある(.12**)現役15%、61点以上38%
配偶者と同居(.10*)現役72%、61点以上50%
祖父母と同居(.12*)現役5%、61点以上19%

遊興費(-.15***)現役プレーヤー2-3万、61点以上4-5万
世帯の預貯金(-.20***)現役200-300万、61点以上50万未満
ギャンブルやパチンコ・パチスロによる借金(-.35***)現役ない、61点以上10-20万
債務整理体験(.41***)現役ない、61点以上ある
ストレス解消に家族と過ごす(-.10***)現役よくした、61点以上少しした
最高使用額(-.18***)現役2-4万、61点以上4-8万
友人やあなたにとって大事な人がギャンブルの問題(.15***)

上限を決めている(-.15***)現役いつも、61点以上ときどき
上限に達したら控える(-.26***)現役いつも、61点以上そうではない
自由時間以外しない(-.28***)現役いつも、61点以上いつも
時間が来たらやめる(-.22***)現役いつも、61点以上ときどき
いつも、ときどき、そうでない、4点~12点の適度な遊技得点(.80***)現役平均8.06、61点以上7.62点

遊技時間(-.17***)現役3-4時間、61点以上5-6時間
月使用額(-.21***)現役1-2万、61点以上4-8万
月負け額(-.26***)現役5千-1万、61点以上4-8万
パチンコ・パチスロ比(-.17***)現役主にパチンコ、61点以上主にパチスロ
遊技時間(-.09***)現役減った、61点以上変わらない
使うお金(-.10***)現役減った、61点以上変わらない

これらのうち、効果量が小さくない(0.25以上)項目のみで、PPDS得点を予測する重回帰分析、および、遊技障害疑いがあるかないかでロジスティック回帰分析を行うと、

PPDS=48+1.5*(月負け額・万)+9.2*(債務整理体験あり1点)+8.9*(ギャンブル借金あり、1点)-4.0*(いつも上限でやめる1点)-11.2*(自由時間だけする1点)

次の式が13点を越えると依存疑い:1.5*(月負け額・万)+9.2*(債務整理体験あり1点)+8.9*(ギャンブル借金あり、1点)-4.0*(いつも上限でやめる1点)-11.2*(自由時間だけする1点)

債務整理体験があり、月4万負けだと依存疑い(15.2点)。しかし自由時間のみ遊ぶようにすると依存疑いが消える。
ワンデーポートの中村氏は、「悲惨な事例や体験談を啓発に用いて、「依存症の理解が進まない」と嘆いている人たちが大勢いますが、自分たちが誤解と偏見をまき散らしていることをまずは自覚してほしい。効果的な啓発には、自己解決できること、自ら考えて対策を練ることも有効であると伝え、その上で支援が必要な人は相談に行きましょう。これくらい緩やかにしたほうが、むしろ相談に行きやすいし、依存症の誤解と偏見をなくすこともできると思います。」と述べているが、たしかに自己解決できることがたくさんあることを示す式。
実際、債務整理体験があっても障害疑いなく遊技しているユーザーは36万人おり、適度なぱちんことの付き合いは可能というか、当たり前に行われている。

ロジスティック回帰では、債務整理体験があるとオッズは26倍、ギャンブル借金ありの影響は消え、4万以上負けで4.6倍、いつも自由時間だけしていると0.2倍(8割減)、いつも上限でやめると0.09倍(9割減)。
自由時間だけする。上限でやめる。はとても大事。
ぱちんこなんて自由時間だけやっていればだいたい大丈夫。そしてそういうユーザーが大半。
おそらくゲームだって同様だろう。やたら規制をかけたがる人の背景エビデンスを知りたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック