「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 学んで新薬の可能性を見つけるAI企業が4500万ドルの投資を獲得

<<   作成日時 : 2018/03/12 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日々新たな創薬の可能性を示す論文が嫌になるほど発表されている。そのすべてとは言わなくとも、自分の興味に関連する論文を読みこむだけでも、膨大な時間がかかる。しかし、読み込むポイント、応用へのステップは、ほぼ定式化可能でもある。
 となると人工知能の出番。すでに2012年Atomwiseは科学者のように学び創薬の可能性を見出すAI技術・神経回路様回路装置を作り出し、売ることを目的に設立され、すでに米国の製薬会社トップ10のうち4社、複数のバイオテック企業、40を超える大学研究機関との提携をし、稼げるようになっているとか。そして今度はMonsanto Growth Ventures, DCVC (Data Collective), B Capital Group主導の投資4500万ドルを獲得とのこと。
 ワーキングメモリの容量限界を持たないAIがうらやましい。
https://www.fiercebiotech.com/cro/ai-driven-drug-discovery-startup-atomwise-raises-45m-series-a

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
学んで新薬の可能性を見つけるAI企業が4500万ドルの投資を獲得 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる