百薬の長、脳でも惨敗??

英国の公務員を対象としたWhitehall II研究(1985年スタート、2015年まで)に参加したもののうち550人についての研究。Whitehall II研究開始時の平均年齢は43.0±5.4歳、30年後(2012~15年)にMRI検査。
 結果、30年間のアルコール摂取量が多いほど海馬萎縮のリスクが上昇。摂取なし群(週1未満単位、1単位はアルコール8g≒一杯)との比較で、週30単位以上のアルコール摂取群で5.8倍。適度なアルコール摂取群(週14~21単位:一日2~3杯、毎日)でも右側海馬萎縮のリスクが3.4倍。少量摂取群(週1~7未満単位)でも萎縮抑制は見られなかったそう。また飲酒量と語の流暢性(言葉が滑らかに出る力)が逆相関したそう。
 アルツハイマー病に関しては、地中海食と絡んで一日2杯くらいの飲酒でリスクが低下するとする研究が多いが、海馬ではそうはいかないらしい。一杯以下はつらい。。。週に一回、5杯とか。。。
 ちなみに心疾患についても少量の飲酒は予防的との報告もあったが、メンデル無作為化試験で、やはり量反応関係が認められ、百薬の長、惨敗。。。。
Moderate alcohol consumption as risk factor for adverse brain outcomes and cognitive decline: longitudinal cohort study.
BMJ (Clinical research ed.). 2017 Jun 06;357;j2353. doi: 10.1136/bmj.j2353.
Anya Topiwala, Charlotte L Allan, Vyara Valkanova, Enikő Zsoldos, Nicola Filippini, Claire Sexton, Abda Mahmood, Peggy Fooks, Archana Singh-Manoux, Clare E Mackay, Mika Kivimäki, Klaus P Ebmeier

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック