トラウマを思い出しながら、ソシャゲはトラウマ軽減?

 記憶は呼び起こした時に不安定化して、記憶に変容が生じたり、強化されたりすると考えられています。
 ↓の実験では、被験者に事故シーンなどトラウマにつながるようなフィルムを見せます。その後、テトリスを行うと、行わなかった人に比べて、翌日、一週間ごととも、トラウマ的にシーンをフラッシュバックする回数が減っていたそうです。追加の実験で、トラウマにつながる記憶を呼び起こしながらテトリスを行うのがもっともフラッシュ的に思い出す回数が少なくなることも示しています。
 トラウマ記憶は多く画像的な記憶で、それを思い浮かべたときに画像的な処理とワーキングメモリが結びついたようなタスクを行うと、トラウマの軽減が可能ということのようです。
 嫌なことが起こったとき、パチンコなどに逃げ込むことは、ギャンブリング障害のリスクを高めると考えられ、そういう遊技の仕方はするな、というのが通例ですが、いやなことが起こったとき、そのことをぼんやり思い出しながら、目前のできごとで一喜一憂することは、特に「お!これは熱いんだっけ?」とか頭も使うと、それがトラウマ軽減になりうるわけで、逃げ込むには逃げ込むなりきの脳的理由があったりするわけです。ま、なんでもそうで、一見不合理に見える人の行動は、一皮むけば合理的だったりするわけです。ソシャゲも同様です。
Computer Game Play Reduces Intrusive Memories of Experimental Trauma via Reconsolidation-Update Mechanisms.
James EL, Bonsall MB, Hoppitt L, Tunbridge EM, Geddes JR, Milton AL, Holmes EA.
Psychol Sci. 2015 Aug;26(8):1201-15. doi: 10.1177/0956797615583071. Epub 2015 Jul 1.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック