タバコはDNAの損傷を促し、がんを促進する

 国立がん研究センターなどの研究。日本を含むアジアや欧米の5千人以上のがん患者について、喫煙歴とがん細胞のゲノムの関連を調べたもの。
 結果、たばこを吸う本数が多いほどDNAが傷つきやすく、1日1箱を1年間吸い続けると肺の細胞では遺伝子に150個の変異が生じることが推測されたとのこと。肺は150個、喉頭は97個、咽頭は39個、口腔は23個の変異が発生し、蓄積していくそう。
Mutational signatures associated with tobacco smoking in human cancer.
Alexandrov LB, Ju YS, Haase K, Van Loo P, Martincorena I, Nik-Zainal S, Totoki Y, Fujimoto A, Nakagawa H, Shibata T, Campbell PJ, Vineis P, Phillips DH, Stratton MR.
Science. 2016 Nov 4;354(6312):618-622.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック