ケタミン

 近年、治療抵抗性うつへの効用が指摘されているNMDA遮断薬ケタミンですが、健常人にケタミンを投与すると統合失調症への寄与が示唆されているグルタミン酸過剰や海馬の連結低下をもたらすらしく、その連結低下の程度はグルタミン酸過剰の程度と関連するらしいそうです。
Ketamine modulates hippocampal neurochemistry and functional connectivity: a combined magnetic resonance spectroscopy and resting-state fMRI study in healthy volunteers.
Kraguljac NV, Frölich MA, Tran S, White DM, Nichols N, Barton-McArdle A, Reid MA, Bolding MS, Lahti AC.
Mol Psychiatry. 2016 Aug 2. doi: 10.1038/mp.2016.122. [Epub ahead of print]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック