5歳児のADHDスクリーニング

↓は、弘前大学の髙柳 伸哉先生らが、5歳児のADHDをスクリーニングするため、家庭および学校でのADHD-Rating Scale-IV日本語版(P- and T-ADHD-RS)の心理的特性を評価したもの。P-ADHD-RSの精度が高いとのこと。また、日本人のスコアは米国より低いそう。ギャンブリング障害とADHDのかかわりが諸外国ではよく指摘されるが、日本ではその構造が異なるかもしれない。
Psychometric properties of the Japanese ADHD-RS in preschool children
Research in developmental disabilities. 2016 May 7;55;268-278. pii: S0891-4222(16)30086-5.
Nobuya Takayanagi, Satomi Yoshida, Sayura Yasuda, Masaki Adachi, Ayako Kaneda-Osato, Masanori Tanaka, Takahito Masuda, Michito Kuribayashi, Manabu Saito, Kazuhiko Nakamura

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック