目には目を続けると、仕返しは15倍になる

二人がペアになって相手の手を交互に押す。
この際、「相手に押されたのと同じ強さで押す」というルールをそれぞれの人に伝える(一斉ではなく個別に、相手がどういうルールでおしているかわからないようにして)。
すると、押す力は回を重ねるごとにおよそ1.4倍強まり、8回目には15倍になった。
目には目をは恐ろしい。
別の言い方をすれば、人の脳は損失忌避性を強く持つ。得られる一万円と、失う一万円は等価ではない。たとえば、わたしとあなたがコイントスゲームをし、表が出たらあなたの勝ち、裏が出たら、わたしの勝ち。裏が出たらわたしの勝ちで、一万円払わなければいけない。このルールのとき、表が出たらいくらもらえる条件なら、コイントスゲームに参加する?もちろん参加しないのも自由。。。。1万円ではいや、なぜわざわざ損のリスクを冒さなければいけないのか。2万円くらいで参加者が増え始め、3-4万くらいが平均。それだけ損失、侵害はいや。これが倍返しの真相?
Two eyes for an eye: the neuroscience of force escalation.
Shergill SS, Bays PM, Frith CD, Wolpert DM.
Science. 2003 Jul 11;301(5630):187.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック