むくみ、刷り込み、痛み、メイラード反応、とろみ、麦茶で冷える、

むくみ:血液の圧力バランスがくずれて細胞組織に水分がたまる
炎症によるもの・・・サイトカイン、ヘテカイン、神経伝達物質→血管の透過性亢進
心疾患・・・静脈圧の上昇→内質に水分が
肝・腎・・・アルブミンなどの自質喪失
内臓疾患なければ、足の筋肉を鍛えるとよい

すり込み・・・甲状腺ホルモン、ニワトリ実験(ふ化後2,3日が臨界期)

痛み遺伝子「サイトヘジン1」国立成育医療センター、サイエンス・シグナリング
こわすと80%以上髄鞘が破壊、マウス歩けない
末梢神経の痛み・しびれ⇔髄鞘がこわれて神経むきだし

高温で焼く→メイラード反応→香り

とろみ→舌に接する時間が長い→味をつよく、熱々、冷々

麦茶・・・ピラジン(冷やす)

Bmal1の周期→長い(22~25時間)→ねる時間が遅くなりがち、食事で肥満

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック