かさぶた、かぜ、食中毒、白髪、はげ、母性は脳を育てる、ラブは痛み止め、脳の成分

かさぶた
出血→血小板の形がかわる、細胞接着因子(フィブリノーゲン、トロンビンなど)
→血管内皮で一次止血→外で二次止血
かつて、かさぶたは必要・・・今は湿潤被履法、かさぶたは必ずしも必要ではない
①傷→プロトロリビンの分散→トロンビン
②トロンビン→フィブリノーゲンをフィブリンに
③フィブリン結合 巨大網目
④血小板のタンパク質がフィブリンの網目に結合 ATPにより収縮 固まる
⑤細胞増殖→傷治る→プラスミン→フィブリン分散→かさぶたなおる

かぜ
夏風邪 アデノ、エンテロ、コクサッキーウィルス(手足口病)
冬風邪 インフルエンザ、コロナウィルス

食中毒
カンビロバクター O111、O157~

白髪
毛母細胞・・・メラノサイト→コルテックス(毛皮質)→色
色素幹細胞のおとろえ
花王・・・毛髪の根本のたんぱくFGF(繊維芽細胞増殖因子) 遺伝子量→抜ける、色素がぬける

はげる
男性型脱毛症 AGA チェック CAGリピート
男性ホルモン(総テストステロン)は低い
5αリアクターゼ→遊離テステトテロンをDHT(ジヒドロテトステロン)
インスリン様成長因子1(IGF-1)は頭頂部のはげと関連
毎日十分な有酸素運動→インスリンのベースライン低下、テステステロン低下、DHT低下

母性は脳を増やす 男性も育児参加で
視床下部、黒質、偏桃体、中脳灰自質容積 (子どもへの思いが強いほど)

ラブ 彼女の写真は痛み止め

不注意 お茶やジャム、テイスティングの最中に入れ替えても半分気づかず 2010

お酒を飲むと疑り深くなる いやな記憶も残りやすい

テストステロン 2010 信頼が減り 警戒心 公平さが増す

脳の成分
水っぽい豆腐、自子
脂質60% タンパク質40%
コレステロール50% リン脂質25% DHA20%

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック