寝ている間でも、場所と快感を結びつけ、その場所を好むように出来る。

Nature Neuroscience 2015年3月10日 Forming artificial memories during sleep
 睡眠中に記憶パターンの再生が行われ、記憶の定着が促進することが知られている。タバコの匂いと不快なにおいを睡眠中に条件付け禁煙を促進することもできる。また覚醒中なら、好まれないものでもそれを見ているとき報酬系を刺激すれば、そのものを好むようになることも示されている。
 今回はなんと、睡眠中に場所についての好みの操作に成功したというもの。脳の海馬には場所細胞があり、動物がその活動範囲内の特定の場所にいるときその場所を示すような活性をもつ。覚醒しているときこれら細胞に生成する活性化のパターンは睡眠中にも再生され、動物の行動範囲に関する認知的な地図を強化するのに役立つ、つまり場所の記憶が睡眠中に定着すると考えられている。
 Karim Benchenaneらは、睡眠中のマウス5匹の特定の場所を符号化している場所細胞を活性させ、同時に脳の報酬経路を刺激した。別の2匹には報酬に関係のない刺激を行った。マウスが目覚めたとき、報酬刺激を特定の場所細胞の活性化と組み合わせて受け取ったマウスのみが、その場所細胞で符号化された特定の場所で過ごす時間が長くなった。つまり睡眠中の操作で記憶の操作(場所と快感の結び付け)に成功し、マウスの脳に人為的な記憶が形成されたわけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック