なんだ、わしの肥満傾向は親の糖分摂取か・・・

最近、世代をまたぐ遺伝が何かと取りざたされています。たとえば父親のトラウマ(恐怖条件付け)が精子のマイクロRNAを介して、子に伝わり、なんと孫にまで伝わるとか。今回は受精前の親の糖分摂取が多いと遺伝子発現の調整に関与するクロマチンを介して、子に肥満傾向をもたらすのだとか。親が肥満しやすい遺伝群を持ち、かつ、受精前にがんがん糖分を摂取していると、合わせ技、一本。。。。
Paternal Diet Defines Offspring Chromatin State and Intergenerational Obesity. Cell. Volume 159, Issue 6, p1352-1364, 4 December 2014


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック