睡眠学習は本気で効くらしい

 記憶は睡眠中、特に所は睡眠中に固定されることが知られています。たとえば位置関係の学習をしているときにバラの香りを匂わせ、その後眠って、徐波睡眠に入ったところでバラの匂いを嗅がせると、海馬の活動が高まり、この操作をしない人たちより位置関係をよく覚えることが報告されています。また、徐波を強めるよう電気刺激を入れても同じことが起こることも示されています。画像記憶と音の組み合わせを作って、徐波睡眠時に音を再生しても記憶成績が良くなりますし、睡眠中に匂いと音の組み合わせが学習できることも示されています。
 そして、なんと、今回、徐波睡眠時に外国語の単語を聴かせると、学習効果が上がることが報告されました。スイス国立科学財団(SNSF)のバイオサイコロジスト、ビョーン・ラッシュは、ドイツ語ネイティヴの生徒60人を被験者に、午後10時ごろにオランダ語の単語を、いくつか(しかも初めて)学んでもらいました。そして彼らの半数にはその後研究室で仮眠を取ってもらい、残りの半数にはそのまま眠らないでいてもらいました。前者のグループはノンレム睡眠の間に、そしてもう一方のグループは起きた状態のまま、午後10時に学習した単語と同じものの録音を聞かされました。
 午前2時、仮眠を取っていたグループは起こされ、眠らなかったグループとともに単語のいくつかをテストされました。その結果、仮眠グループは眠っている間にだけしかオランダ語の単語を聞かされていなかったにも拘わらず、夜更かしを余儀なくされたグループよりも単語の意味を理解していた。それどころか、単語の聞き流しは、夜更かしグループには何の効果もなかったそうです。
 仮眠グループが眠っている間、タスクによって誘発される事象関連電位(ERP)は前頭部ではっきりとした陰性電位を示し、前頭部徐波の周波数は上昇、また、単語の再生に伴い右前頭部と左頭頂部ではシータ波のパワーが増大したそうです。シータ波は、覚醒時の記憶のエンコーディングと関わりがあるもので、同じことが睡眠中でも起こっているから記憶が定着したと考えられます。
 徐波睡眠を感知する装置を作り(簡単)、それがスイッチになって、勉強したいことが流れるようにすれば、あーらふしぎ、素晴らしい記憶装置の出来上がり。
Cereb Cortex. 2014 Jun 23. pii: bhu139. [Epub ahead of print]
Boosting Vocabulary Learning by Verbal Cueing During Sleep.
Schreiner T, Rasch B.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック