iPadな脳(1)

現在、ちゃくちゃくとiPad利用中の脳活動を計測中。↓は本研究室、新人、伊藤くんが被験者。上段、iPadでTOYSTORYを読む?見る?表情読みにかかわる右前頭側頭部、および、真剣に英語を聞こうとしているのか、左ブローカ野、ウェルニッケ野付近が活性化。出来がいいせいか他の部位での鎮静化が目立つ。これはハマると思う。中段はiPadでお絵描き。下段はスケッチブックでお絵描き。彼はひこにゃんを描いたが、全く差がない。描き慣れているせいかもしれないが、今の印象では、「iPadは幼児教育用教材としていやらしいほど「使える」」。
柳沢運動プログラムなどは動画に限る、とさえいえるし。これらは、幼児教育のポピー、新学社との共同研究の一部。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック