アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「腹側被蓋野」のブログ記事

みんなの「腹側被蓋野」ブログ

タイトル 日 時
コカインで淡蒼球外節と腹側被蓋野の間の活動亢進が起こる
 コカインの摂取への応答の結果として神経回路が変化することはよく知られています。そしてこの変化がコストベネフィットの計算に基づく行動選択を変化させていくと考えられています。  たとえば、脳では腹側線条体が行動の開始に不可欠で、ドーパミン神経のスタート地点である腹側被蓋野からの神経接続で予測される便益(ベネフィット)を計算し、嫌悪感などともかかわる島皮質からの神経接続で対価(コスト)を計算して、便益が対価に勝れば、腹側線条体が発火して、腹側淡蒼球(ふくそくたんそうきゅう)、視床(ししょう)を経て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 00:53
自閉症スペクトラム障害の社会性回復には腹側被蓋野がかかわる
 自閉スペクトラム症における社会性の低下を回復させるにはCbln1の発現を増加させればいいのかもしれないという研究。  自閉スペクトラム症では一部の患者にてんかん発作がよく見られる。この経路として、15番染色体の15q11–13の重複がUBE3A遺伝子のコピーを余分に持たせる。Ube3aが過剰だとてんかんが起きる。UBE3Aは脳の様々な場所で発現するが、快感にかかわる腹側被蓋ではCbln1の発現を低下させており、これを回復させるとUbe3aが過剰でてんかん発作を起こすマウスの社会性... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/24 00:52

トップへ | みんなの「腹側被蓋野」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ 腹側被蓋野のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる