アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「うつ」のブログ記事

みんなの「うつ」ブログ

タイトル 日 時
マインドフルネスは思いのほかエビデンスがない
 様々な心理療法の弱点はエビデンスの弱さだ。その中でマインドフルネスは脳科学的なデータを含め、比較的豊富とみなされ普及してきた。しかし、最近の米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)によるレビューでは、マインドフルネス療法による不安、うつ、痛みの治療には中等度の効果が認められたものの(これはこれでなかなかのものではあるが)、ストレスを軽減したり、QOL(生活の質)を向上させたりする効果はわずかだったとか。また、薬物乱用や摂食障害、睡眠障害、体重管理に役立つ証拠はなかったそう。  不安、うつ、痛み... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 10:31
なんでもいいから週一時間運動すると「うつ病」のリスクが下がる
 以前から、運動するとうつ関連尺度の得点が低下することが報告されてきました。たとえば松本市熟年体育大学リサーチセンターが推奨しているインターバル速歩でも同様です。  ↓は「うつ傾向」ではなく、実際の「うつ病」の発症リスクが週一回一時間の運動(内容にかかわらず)で低下したという報告。ノルウェーの33908人を1984〜1997年まで追跡調査したデータの解析。おおむね11年間の追跡が行え、7%がうつ病を発症、9%が不安障害を発症。交絡因子で調整後、週一時間以上運動しているとうつ病の12%が予防でき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/24 11:30
選挙に出る人は「うつ」になりにくいか?から「うつ」の病前性格について
「選挙に出るような人は「うつ病」になりにくい、というのは本当か?」という質問を受けました。  なかなか難しい質問です。 むかしながらの「うつ病(1)」の病前性格論からすれば、「真面目で熱心すぎ」「自分を犠牲にしすぎ」「他者に気を遣いすぎる」とうつ病になりやすいといわれていますから、「世のため、人のため、自分を犠牲にして尽くす」、まっとうな政治を目指す人たちは、むしろ「うつ病」になりやすいようにも思えます。 また、高揚した気分や自尊心の肥大、よくしゃべるなどが混在する、いわゆる「新型うつ」で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 18:04
魚介類食べると、うつ病のリスクが減少
 むかしからいくつか報告がありましたが、国立がん研究センターは、青魚などの魚介類をよく食べる人はうつ病のリスクが低下するとの調査結果を発表しました。  長野県佐久市に住む40〜59歳の男女を対象に1990年から追跡調査をして、2014〜2015年に精神科医の診療を受けた1181人を選び、食生活のアンケートをとり、その結果をもとに、魚介類の摂取量から4つのグループに分類したそうです。群ごとの摂取量の中央値は1日57グラム、84グラム、111グラム、153グラムであり、57グラムの群に比べて111... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/17 10:11
子どもにSSRIは効くが、その効果はわずか
 小児や思春期若者の、うつ、不安障害、強迫性障害に対して、SSRIやSNRIが使われることがあるが、メタ解析の結果、その効果は確かにあるが、わずかだったとか。また、うつより不安障害の方が効果的だったとか。 Efficacy and Safety of Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, Serotonin-Norepinephrine Reuptake Inhibitors, and Placebo for Common Psychiatric D... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 15:59
うつ病について脳表皮から経頭蓋直流刺激(tDCS)を行う治療法は抗うつ薬に劣る
 うつ病などで用いられる脳深部刺激(DBS)を脳の表層からの1000HZ超の高周波電気刺激で行いうることがCellで示されたが(http://higeoyaji.at.webry.info/201706/article_10.html)、単極性の大うつ病について脳表皮から経頭蓋直流刺激(tDCS)を行う治療法は、プラセボには勝ったものの、うつ病の治療薬、シタロプラム(citalopram)には劣り、また躁病の発現などの有害事象が生じたそうです。なかなか難しいですね。 Trial of Elec... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/30 12:24
ボルダリングで「うつ」改善
 ボルダリングが「うつ」の改善に役立つ可能性を示した研究。グループを二つに分け、一方はボルダリングを8週間行い、一方はボルダリングの開始を8週遅らせコントロール群として扱うタイプのRCT。  8週の間、週一回3時間のボルダリングにチャレンジ。ベッグ抑うつ尺度(BDI−U)、SCL−90、セルフマネジメントスキルについての調査(FERUS)、注意力テスト(d2−R)を実施。47名が実験を完遂。  結果、中程度のうつが軽度に軽減(Cohen's d=0.77)、また重回帰分析でボルダリングを行う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 21:56
セロトニン関連5‐HTTLPRの多型はストレス下のうつ発症と無関係&環境は人を自由にする
 性格や行動傾向と遺伝のかかわりは一つには、双子研究を中心とする行動遺伝学によって調べられ、たとえばビッグファイブ(誠実さ、開放性、外向―内向性、調和性、神経質さ)の遺伝率は5割程度と推定されています。  一方、世紀末、遺伝子多型(いわゆる変異)一本釣りであれこれが調べられ始めたころ、性格と遺伝子の関連が報告された。エプシュタインによって新規探索傾向とドーパミン関連のDRD4のリピート数の相関が報告されました(のちに数との相関は否定、リピート数の多い組み合わせとの関連は肯定が多い)。そしてセロ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 20:31
高齢者の「うつ」スクリーニングは二つの質問でOK
「過去1ヵ月間で、気持ちが落ち込んだり、憂鬱な気分、絶望的な気分になりましたか」 「過去1ヵ月間で、しばしば小さなことに悩まされたり、何をしても楽しくないと感じますか」 この二つの質問の診断精度は、ほかのうつ病スクリーニング調査と同等であったそう。中国・香港中文大学のKelvin K F Tsoiらの研究。133研究、4万6,651例のうつ評価を対象にして評価。この2項目スクリーンの総合感受性と特異性は、91.8%(95%CI:85.2〜95.6)と67.7%(95%CI:58.1〜76.0... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 01:39
うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートが自殺率を低下させる
 うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートはやはり自殺率低下に効果を示すようです。↓は青森県立保健大学の大山先生らの研究。うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートを行っている自治体と、そうでない自治体の住民について、年齢、性別を一致させた準実験的な調査を行ったところ、実施前後の4年間で、うつ病のスクリーニングとその後のケアサポートを行っている群は43%自殺率が低下しており、レスポンスをした人もしなかった人も自殺率は低下していたとか。著者らは「自殺予防のためのうつ病のスクリーニング介入は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 19:35
うつの男性はうつの女性に比べて薬物乱用、リスク行動が多い
 32研究10万8260人のメタ解析。うつ病男性は、女性と比較し、アルコールや薬物乱用、リスクテイキング、脆弱な衝動性コントロールなどが有意に多く、しかし効果量は小さかった。女性は抑うつ気分などが強く、摂食障害や体重変化、睡眠障害が多かった。  ギャンブリング障害は、タイプT(単純嗜癖型)、タイプU(他の精神障害先行型:大うつ病、双極性障害、統合失調症、不安障害、アルコール使用障害など)、タイプV(パーソナリティ等の問題型:境界性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、アスペルガー症候... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 23:57
思春期早期のメンタル受診は意味がある
2005年から2010年までの期間、1238人の14歳について、18か月後と36か月後にうつ症状リスクを調べた英国の調査。結果、14歳時点で精神障害症状を持っており、過去一年間にメンタルヘルスサービスを受けた人は、そうでない人に比べてうつの兆候が大幅に低下しており、17歳の時点でうつの診断を受けた人は7分の一になっていたそうです。 Reduction in adolescent depression after contact with mental health services: a ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 22:26
ささいなことで不機嫌になりやすい、不安を感じやすい、などはうつリスクである可能性
 うつ病の有病率は6.5〜7.5%程度ですが、親の一方がうつである場合、有病率が10〜15%に上がります。遺伝の影響がある程度あるわけで、相加的遺伝率は30%程度、家庭環境(共有環境)の影響は2%程度で、家庭外環境(非共有環境)の影響が70%弱といった報告もあります。うつ傾向なら40%程度が相加的遺伝率になります。  この遺伝率は性格の遺伝率(30-50%)の下限くらいで、一般知能77%、音楽92%、スポーツ85%などと比べると低い方ではあります。  さて、↓は、うつ病経験を持つ親の9〜17... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/17 22:09
医学生の4人に一人はうつ、またはうつ症状があるそうです
 ↓は、12万人以上の医学生のデータ(世界43か国の約180の研究)をメタ解析した研究。結果、うつ、または、うつ症状を有する医学生は27%で、この有病率は1982〜2015年のあいだほぼ一貫していたそうです。さらに実際、治療を行ったのは16%に過ぎず、11%は自殺念慮があったそうです。  ゆゆしきこと、と同時に、こういうアンケート型調査では有病率や自殺念慮が強く出る、洞察力のある人なら、自分の心に潜む、うつ的部分、自殺念慮に気づかないほうがおかしいという側面もあることは忘れないほうがいいと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 20:03
ケタミン
 近年、治療抵抗性うつへの効用が指摘されているNMDA遮断薬ケタミンですが、健常人にケタミンを投与すると統合失調症への寄与が示唆されているグルタミン酸過剰や海馬の連結低下をもたらすらしく、その連結低下の程度はグルタミン酸過剰の程度と関連するらしいそうです。 Ketamine modulates hippocampal neurochemistry and functional connectivity: a combined magnetic resonance spectroscopy an... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/11 19:46
魚摂取はやはりうつ病リスクを下げるらしい
 魚を食べることや、n-3多価不飽和脂肪酸の摂取は、本当にうつ病の予防に効果的なのであろうか。31件の研究から、25万5,076人を調べ、うち、2万人以上がうつ病となったメタ解析で検討したそう↓。  結果、魚類の摂取が多いとうつ病の発症が低下する線形の有意な用量反応が認められ、n-3多価不飽和脂肪酸を一日1.8グラム以上摂取すると、うつ病のリスクが下がっていくことが示されたそうです。  やっぱり、魚やn-3多価不飽和脂肪酸はだいじなようです。 Dietary n-3 PUFA, fish ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 00:54
トップアスリートにうつが多い
 カナダ・ディーキン大の研究。カナダの大学に所属し、世界選手権やオリンピックに参加した50名(男28名、女22名)の調査。試合前の自記式調査で68%がうつのエピソードを持ち、試合後のベック式のうつ診断では34%が打つと診断可能で、上位、25%の選手で特にうつが二倍だとか。  オリンピックでの活躍の向こうにはいろいろあるわけです。 The prevalence of failure-based depression among elite athletes. Hammond T, Giall... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/16 21:01
快な行動を具体的に増やしていく行動活性化療法が、認知行動療法と同等の効果(うつに)
うつに対する治療効果のエビデンスが豊富な認知行動療法(CBT)と、行動活性化療法(BA)の効果に差がないとか。 行動活性化療法は↓な感じだそう。 http://seseragi-mentalclinic.com/ba/ 解決指向ブリーフセラピー好きとしては、だよね、的な。明日は、今日帰ったら、きっと、○○をしているだろう、まで想像させるの好きだから。 Cost and Outcome of Behavioural Activation versus Cognitive Behaviour... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/07 22:56
うつ病の発症率がインターネットプログラムで減少した。パチンコでも作りたい。
 やや、うつ病の症状のある成人を対象とした、自助的なインターネットプログラムを提供することによって、大うつ病の発現率が低下したそうです。12か月間の介入観察で、大うつ病発現率は対照群(一般診療受診群)では41%、インターネットを介した自助プログラム群では27%で、受診するより高率にうつ病の発病が抑えられたとか。  わたしは、こういうののパチンコ・パチスロ遊技障害(ギャンブリング障害、いわゆるギャンブル依存)版を作りたいと思っています。当面はパチンコ版、そこでは、チェックリストのほか、期待値学習... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/06 12:32
うつの脳深部刺激は報酬関連回路をターゲットに。してみると院内通貨の使用の自粛は・・・
 脳の深部電気刺激でうつの改善が報告されています。今回はアムステルダム大のクロスオーバー試験による結果。クロスオーバー試験は、被験者を二群にわけ、A群はある期間、その措置を行い、その期間後は措置を行わない。B群は逆で、最初の期間は措置を行わず、次の期間で行い、措置の効果を検証するスタイルの試験。  vALIC(Ventral Anterior Limb of the Internal Capsule)、つまり、腹側線条体の中や周辺にあって、うつ病で活動が低下することが知られている部位で報酬関連... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/27 11:33
暴力的ゲームが行うことは、攻撃的で反社会的行動をとりがちな傾向やうつ傾向とかかわらない
 日本ではお茶の水大の坂元先生らが早くから指摘してきたことですが、イギリスの長期観察研究でも、暴力的ゲームが行うことは暴力的になることと関係がなかったそうです。  親と子どもに関するエイヴォン長期研究に参加していた子どもたちについての研究。1991年から92年にかけて生まれた1万4,000人の子どもたちに、8歳〜9歳のとき2,400人にアンケート調査を、15歳になったとき5,000人に調査を実施。8歳〜9歳と15歳の両方の調査で答えた人数が1,800人。  社会経済的な環境、家族構造、いじめ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 23:47
朝型ばんざい???
 DNAの遺伝子診断もそうですが、遺伝子診断の目的はすでにわかっていることからの分析結果を伝え報酬を得ること以上に、遺伝子情報をまるごと使わせてもらう同意を得て、大規模調査を実施することです。似た発想は、脳スキャンからの性格診断でも同様でMRIデータの効率収集が大きな目的です。  ↓は23andMe社という遺伝子検査の老舗?からの報告。89,000人のデータから、「朝型」(44%)の遺伝的な特徴を調べ、15部位があぶりだされ、うち7つは概日リズムにかかわる遺伝子の近傍で発見されたとか。また朝型... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/15 15:46
のり、貝、レバーなどビタミンB12を食物から多く取っている高齢男性はうつリスクが低いとか
 Quebec Longitudinal Study on Nutrition and Agingに参加し、スタート時点でうつ病が認められなかった1368人(74±4歳)について三年間追跡した研究。食物からの葉酸(ビタミンB9)、B6、B12量を「24時間思い出し法」で推定し、年齢、身体活動量、身体機能、ストレス出来事、総エネルギー量で調整し、その関連を調べている。  結果、三年間で170人がうつ病となり、ビタミンB12をよくとる(三分位法で)男性は、うつ病のリスクが58%低く、女性ではビタミ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 20:31
時代はNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)グルタミン酸型受容体?
 馬の麻酔薬で知られるケタミンは、臨死体験時に分泌をまし、さまざまな幻覚にかかわるとの指摘があったりしますが、近年では治療抵抗性うつ病に対して、投与から2時間程度での迅速な効果や、自殺念慮の軽減作用がみられ、注目されています。しかし、認知障害がネックでしたが、↓によれば、NMDA受容体のグリシン部位部分刺激薬rapastinelはNMDAR遮断薬ケタミンと違って認知障害をもたらさず、むしろ認知障害を改善させる作用があることがマウスの実験で示されたのだとか。 GLYX-13 (rapasti... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/24 22:16
まあ、そうなんでしょうが、ゴスの若者はその傾倒が大きいほどうつや自傷リスクが高いとか
 このブログで、想像性とうつ傾向の関連や、統合失調症関連遺伝子を持つ人に芸術協会員が多いとか、いわゆる心の闇系と芸術のかかわりに触れてきました。  今回はゴスとうつ、自傷のリスク。一般的でない音楽や服、化粧というか顔面変容を好み、暗く病的で美を尊ぶ印象を人々に抱かせるサブカルチャー・ゴス(goth)に身を置く10代若者は、やはり、うつや自傷のリスクが高いことが英国での調査で示されたそうです。またゴスへの傾倒が大きいほどリスクも高いとか。 健全嫌い、当たり前嫌いな皆さんは、自覚があるとは思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 17:48
うつうつとした気分は注意力を高め、創造性を高めうる
 ニューサウスウェールズ大(オーストラリア)のジョゼフ・フォーガスらは、寒く、風が強く、雨が降っており、レクイエムが流れていると、太陽が輝くいい天気の時より、店のカウンターにおかれた、おもちゃの大砲、赤いバスのおもちゃ、豚の貯金箱などの小物10個について、3倍よく覚えていることを示しました。また晴れの日のほうが、カウンターにおいていなかったものを置いてあったと勘違いする確率も高かった。  暗い気持ちは不安を高め、周りに対する警戒心を高めるので、注意力や記憶力が高まる、逆に明るい気分の時は自信に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 07:42
カフェインはうつを抑制する。
 ネズミを飼育するとき、ケージを傾けたり、おがくずを湿らせたり、捕食者の物音を聞かせたり、何もないケージに入れたり、ケージを入れ替えたり、昼夜の明暗サイクルを逆転させたりすると、ネズミはストレス受ける。そしてこれが長期化すると、体重の減少や記憶力の低下が見られる。そして尻尾でつるされても抵抗しなくなったり、甘い水を飲みたがらなかったりする(うつ様症状)。  ところが、慢性ストレス下で飲み水にカフェインを混ぜておくと、対照群と比べてうつ症状が軽く、迷路を覚える課題の成績も対照群よりは低下が小さか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/22 15:44
楽しい記憶はうつ的気分を改善する
 理研-MIT神経回路遺伝学研究センターの利根先生たちは、マウスも快・中立・不快の体験させ、その際に活動した海馬の神経細胞を光遺伝学的に標識しました。光を当てることで特定の記憶を呼び起こすようにするためです。実際、特定の海馬記憶エングラム(記憶痕跡)の人為的な想起に成功しました。  そして快記憶エングラムを短時間活性化すると、慢性的なストレスにさらされたマウスのうつ様行動が抑制され、この効果は海馬–扁桃体–側坐核経路を介することが分かったそうです。しかも、快記憶エングラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/19 17:29
いじめはうつのリスクを二倍にし、18歳でのうつの約三割はいじめに起因するかもしれない
 13歳の時にいじめにあったことを報告した6719人についての英国での追跡調査の結果、頻繁にいじめられたと報告した683人はICD10の基準で14.8%がうつとみなされ、 いじめられたことがあったという1446人では7.1%、一方で、そういう経験がない1769人では5.5%がうつと考えられたそうです。  13歳時点で頻繁ないじめ受けた18歳の人はうつ病リスクが2倍以上となり、いじめとうつ病に因果関係があるなら(この研究は相関研究なので、疑似相関の可能性はある)、18歳時点でのうつ病の29%は以... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/08 14:55
へー、マインドフルネスってすごいんだね。東洋的瞑想っぽいやつだけど。
 マインドフルネスについて詳しいわけではないので、↓の研究で使われている、マインドフルネス認知療法(Mindfulness-based cognitive therapy、略称:MBCT)について、ウィキを引用すると、MBCTは、マインドフルネス(気づき、注意コントロール)を基礎に置いた心理療法で、第3世代の認知療法の1つ。本療法は、心に浮かぶ思考や感情に従ったり、価値判断をするのではなく、ただ思考が湧いたと一歩離れて観察するという、マインドフルネスの技法を取り入れ、否定的な考え、行動を繰り返(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 01:58
残念、うつの脳深部刺激療法は有意な効果が認められなかったそうです
 極めて治りにくい大うつ病に対して、腹側内包(ventral capsule)と腹側線条体(ventral striatum)を刺激する、脳深部刺激療法(DBS)が提案されていますが、患者30人が参加した二重盲検無作為化試験の結果、うつの程度(MADRSスコア)が50%以上改善した患者が20%いたものの、DBSを施してはいないが施すふりをした偽(シャム)治療でも14%の患者に改善が認められ、その差は統計的には差として認められないものだったそうです。  うつはプラセボーによる改善も大きいので、な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/14 11:42
トラウマは世代をまたぐ、幼児虐待は三代たたる?
トラウマは世代をまたぐ、幼児虐待は三代たたる?  ストレスにさらされたマウスは三世代にわたって抑うつ的な行動を示す雄の子孫を持つ。トラウマは個体の心理的な障がいのリスクを高めるだけでなく、次世代にその影響を及ぼす。たとえば、カンボジアのルージュクメールの大虐殺の間に心に傷を受けた人々の子どもは抑うつや不安を抱えたし、ベトナム戦争に行ったオーストラリアの退役軍人子どもたちは高い自殺リスクを抱えた。  トラウマはエピジェネティック(DNAの遺伝子配列変化を伴わない遺伝)なしるしを残す。DNAがその配列を変えなくとも、その発現に影響を与える科学的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/26 19:58
何かと話題のmTOR
mTOR(エムトール)は哺乳類などの細胞内でシグナル伝達に関与するタンパク質キナーゼで、細胞の栄養状態を反映し、蛋白合成、細胞増殖、血管新生、免疫などを制御するため、何かと利用の可能性が取りざたされています。実際、たとえばmTOR阻害剤は、ステントの再狭窄防止、抗癌剤、免疫抑制剤としてすでに実用化されていますし、トマトに含まれるトマチジンが骨格筋mTORC1伝達亢進を介して筋肉を増やすだとか、逆にmTORの発現を低下させたマウスは寿命が約20%長くなり、また腫瘍が生じにくいだとか報告されていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 22:08
SSRIも神経再生が重要
ほう、うつの治療薬、SSRIもセロトニン系の神経調節として作用しているのではなく、むしろシナプスや神経再生を介して抗うつ効果を発揮しているというわけか、BDNF仮説みたいに。。。ここではインテグリンβ3遺伝子(ITGB3)の発現亢進を介して。 Transl Psychiatry. 2013 Oct 15;3:e313. doi: 10.1038/tp.2013.86. Genome-wide expression profiling of human lymphoblastoid cell ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/12 12:37
苦労をカウントできなくするとうつが改善する?
 わたしたちは同じ報酬を得られるのなら、苦労が小さい方を好みます。しかし、外側手綱核(lateral habenula)を不活性化させると、この好みの差が消失するのだとか。  うつの改善に脳深部刺激療法があり、外側手綱核を不活性化させますが、この処置が効果的なのは、苦労を玄と思わなくなるゆえなのかもしれません。 Nat Neurosci. 2013 Nov 24. doi: 10.1038/nn.3587. [Epub ahead of print] What's better for m... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/27 23:27
母親の妊娠時うつの治療が、子どもの思春期うつの予防に役立つ
 いくつかの比較的小規模な研究によって、母親の出産後のうつが子どもの思春期うつのリスク要因になることが示されている。しかし、大規模な縦断的研究は行われていない。また、主産前妊娠時のうつと子どものうつのかかわりを調べた研究も小規模なものが一つあるだけ(著者によれば)。  そこで妊娠時うつと出産後うつでは子どものうつに与える影響が異なり、母親の教育水準などの不利な条件が子どものうつに影響するという仮説を検証するために、妊娠時うつ、出産後うつと18歳時点での子どものうつの関係を調べた↓。用いたのはA... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/19 13:21
うつや不安に脳由来神経栄養因子がかかわる、その新しいルート
コーネル大のアナスタシアらは、脳で働くある遺伝子の多型(いわゆる変異、20%の人が持っている)が不安やうつ、さらには記憶力の減退になぜかかわるのかを見出した。 それは脳由来神経栄養因子(BDNF)の一か所のヌクレオチドがバリンからメチオニンに入れ替わった多型(Val66Met)で、BDNFはニューロンの成長や機能の強力な調整因子で、神経回路の確立に重要な役割を果たしている。 アナスタシアらは、この多型を持つと、記憶や情動に大きな役割を果たす海馬でニューロンの委縮を誘発し、脳細胞同士のつながり... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/24 21:52
世界なんてものは正確に認識しないに限る
うつ病患者さんは時間の把握がより正確なんだとか↓。健常な人が世界を正確に認識していて、病を得ている人たちがおかしいというわけではないらしい。むしろ種々のバイアスで隠ぺいしている何かと正確に対峙してしまうということが病の根幹なのかもしれない。 人は不正確に世界を把握するから生きていける。自分の(無意識含め)都合のいいように世界を把握しているから幸せでいられる。世界や他人のこころを正確に把握してしまうことは、この上なくつらい。「そんな風に思ってないよ」「誤解だよ」という言葉は無意識を想定したとき、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/26 12:33
高齢者のうつが認知機能障害を引き起こすのではなく、認知機能障害がうつを伴うらしい
65歳以上の地域住民2160人を調べた継続的な調査から、調査開始時のうつと軽度認知障害の有病率がかかわることが明らかになった(オッズ比, 1.4; 95% CI, 1.1-1.9)、また認知症の有病率もうつとかかわることが明らかになった (2.2; 1.6-3.1). 一方で、うつは認知症の発症リスクの上昇とはかかわるものの (hazard ratio [HR], 1.7; 95% CI, 1.2-2.3) 、軽度認知障害のリスク上昇をむしろ低下させていた (0.9; 0.7-1.2). また調... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/04 12:58
運動は痛みどめかも?
ラットの実験ですが、運動によってヒートショックプロテイン(HSP72)の発現が促進し、炎症を促進するサイトカインTNF-αやIL-1βの発現低下がもたらされたとか。運動によって痛みを緩和する可能性が示されたんだそうです。してみると、130K爆死とか超アンニュイとかでも走るとスッキリって本筋? Exercise Training Attenuates Neuropathic Pain and Cytokine Expression After Chronic Constriction Inj... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/06 13:20
ウォーキングはうつ症状の軽減に効果がありそうだ
ウォーキングのうつの処遇として効果についてメタ解析が行われました。計341人が参加した8つの無作為実験を対象とした解析によって、ウォーキングの効果量は−0.86で、ウォーキングは他のエクササイズと同様うつ症状の軽減に効果的であると考えられたそうです。 Walking for depression or depressive symptoms: a systematic review and meta-analysis Roma Robertsona, , , Ann R.R. Roberts... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/18 12:10
男と女の差メモ
システム化志向(法則を見出したがる)か、共感志向か。 いちばん(序列化)か、おんなじか。 空間認知課題が得意か、言語課題が得意か。 頭頂葉の皮質(空間認知にかかわる)扁桃体(感情を刺激する情報に反応する、ロックオン)がでかいか、前頭葉、側頭葉の皮質が厚く、海馬が大きいか。 気持ちの悪いスライドの記憶で、男性は右の扁桃体を活動させやすく内容の概略を記憶する、女性は左の扁桃体を活動させやすく内容の詳細を記憶する傾向にある。 絵や写真の美しさ評価で、男性は右頭頂葉を活動させるが、女性では両側... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/13 08:03
そううつ病(双極性障害)ではリチウムによって海馬や扁桃体の容積が増す。
うつと躁を繰り返し、ギャンブル依存的な状態の背景にあることも多い躁うつ病(双極性障害)にリチウムが効果的なことは古くから知られている。近年では、うつ病と判断されてしまい抗うつ薬が投与され、なかなか改善しないケースも散見されるが、この双極性障害でのリチウム投与で、海馬や扁桃体容積の有意な増加を示された。リチウム非投与患者では海馬や脳容積の低下が認められたが、リチウム使用患者は海馬や扁桃体の容積増が起きたわけだ。適切な診断はとても重要。学生では双極性が疑われるケースがあるので心しておきたい。 S... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/27 19:51
なるほど抗うつ薬がね、運動障害の改善に効果、海馬神経新生がらみですかね。
脳卒中の後、抗うつ薬のフルオキセチン(SSRI、セロトニンを増やす薬)を服用したほうが、プラセボに対して運動機能改善が有意に優れたとのこと↓。フルオキセチンなどのSSRIは神経保護作用や海馬神経新生の促進作用があるので、それが効いてくるということですかね。もともとSSRIがうつに効く機序もセロトニン直ではない、記憶の書き換えを容易にする海馬新生によるのではという話がそこそこ有力ですからね。 Fluoxetine for motor recovery after acute ischaemic... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 12:54
D1受容体とD2受容体の結合を阻害すると、うつの抑制につながるそうです。
クロザピン以降、統合失調症もD2のみでなく5−HT2もとなりMARTだとかでてきて、うつもSSRIからSNRI、この先ドパミン系が顔を出してくるということでしょうかね。これはこれでありがたいことですが、患者さんにざっくり説明するにはあいかわらずドーパミンびゅあー、とか、ちとセロトニン足らずとかの方が、とくにシゾイドにはいいかもしらんですね。ま、外材化ということで。余談ですが、薬は飲んだ方がいいですよ。使わない方がいいなんていうのは嘘ですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/01 22:31
ひきこもりやヲタクのみなさんに事業仕分けをお願いする場合、食には是非気を使っていただきたいです。
ひきこもりやヲタクのみなさんに事業仕分けをお願いする場合↓、食に気を使っていただきたいです。The British Journal of Psychiatry によると、野菜・果物・魚が豊富な自然食パターンの人はうつ病リスクが低く、甘いデザート・揚げ物・加工肉・精製穀物・高脂肪乳製品が豊富な加工食パターンの人はうつ病リスクが高いとのこと。ひきこもりやヲタクのみなさんに、事業仕分けをお願いし続けるうえでは、みなさんのこころの健康がきわめて重要。是非食生活にご注意いただきたいですね。メタボ対策こそ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/05 14:42
都市化とうつ増加
ナイジェリアの調査で、都市化の程度とうつ罹患が相関したという。ランセットから。 大変わかりやすいですね。 人の距離が近くなること、土から離れること(腐敗土はセロトニン系を安定させるというし)、たんたんとした反復的な作業、農作業を失うこと。 うつになりやすい因子を持っていても、50年前なら発病しにくいわな、きっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/18 01:16
とりあえず生きろ
老いも若きもうつっぽくなるのはわかる。めんどくさくなるし、手足動かんし、動けるようになるとしんどい。終わることだけが妙にリアルで、うらみと正しさが後押ししそうになる。 個々人違うにしても、そうなってさすらったこともあるし、よくわかる。 しょうがないからそういうじぶんをボーっとながめよう。あすどうなっているか、あさってはどう変わるか、ボーっと。 何が起こる時は、何かが向こうからやってくる。勝手に。脳ってそんなものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/19 11:21
思春期うつは案外多い。
不注意や多動の傾向(ADHD傾向)が、ビデオゲームを一時間以上する群はそうでない群にくらべて強くなる↓、という論文を読んでいて、気になることがあった。 http://www.annals-general-psychiatry.com/content/pdf/1744-859X-5-16.pdf 日本で言う中三、高一対象の調査でADHDと診断されたことのあるものが3%。ま、それは日本でも6%うんぬんというからいいとして、うつ、不安神経症と診断されたことがあるという人が6%だった。被験者数はきわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 10:45

トップへ | みんなの「うつ」ブログ

篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
「はげひげ」の脳的メモ うつのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる