「はげひげ」の脳的メモ

アクセスカウンタ

zoom RSS レスベラトロールはアルツハイマー病の改善にかかわりうる

<<   作成日時 : 2017/02/12 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルツハイマー病は脳でのアミロイドβプラークの蓄積とタウタンパクの毒性によって生じると考えられています。
 ↓は、アルツハイマー病患者にブドウの皮に含まれているレスベラトロール(ポリフェノールの一種)を投与して、アルツハイマー病の改善を目指すプラセボ対照無作為化第2相試験。被験者119人のうち脳脊髄液(CSF)Aβ42が600 ng/ml未満のアルツハイマー病基準を満たした38人のデータ解析。1年間の服用で、CFS中のAβ42のレベルダウンがおき、血液脳関門(BBB)を傷めうるCSF中MMP9の低下が認められたそうです。一方タウレベルに有意な変化は認められず、レスベラトロールとタウ標的薬の併用が必要そうだとのこと。
A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of resveratrol for Alzheimer disease.
Turner RS, Thomas RG, Craft S, van Dyck CH, Mintzer J, Reynolds BA, Brewer JB, Rissman RA, Raman R, Aisen PS; Alzheimer's Disease Cooperative Study..
Neurology. 2015 Oct 20;85(16):1383-91. doi: 10.1212/WNL.0000000000002035.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
篠原教授の 楽ラク脳トレーニング DVD全12巻
レスベラトロールはアルツハイマー病の改善にかかわりうる 「はげひげ」の脳的メモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる