テーマ:バソプレッシン

バソプレッシンは寝る前に脳でも作られる

バソプレッシンは抗利尿ホルモンとして知られ、体液レベルに反応し、体液の濃度を調整する働きをする。↓はそれだけでなく、睡眠中の脱水状態に備え、寝る前にバソプレッシンを脳で作り、抗利尿によって体液濃度を保つことが明らかになったそう。それでか。 Clock-driven vasopressin neurotransmission med…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て行動はバソプレシン放出活性の低下を伴った??

 生き物の多くは子育てをする。げっ歯類では巣を作り子育てに熱心な種もいれば、営巣をあまり行わず子育てに熱心ではない種もいる。たとえばハタネズミでは単独行動型と集団行動型があり、集団行動型の子どもは乳首に対する執着が強かったりする。そしてここに愛着ホルモン、オキシトシンのレセプター数の差があることなどが示されている。  ↓は、量的遺伝学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more