テーマ:マインドフルネス

マインドフルネスは思いのほかエビデンスがない

 様々な心理療法の弱点はエビデンスの弱さだ。その中でマインドフルネスは脳科学的なデータを含め、比較的豊富とみなされ普及してきた。しかし、最近の米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)によるレビューでは、マインドフルネス療法による不安、うつ、痛みの治療には中等度の効果が認められたものの(これはこれでなかなかのものではあるが)、ストレスを軽減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞑想とヨガによるマインドフルネス・ベースのストレス低減療法(MBSR)は、慢性腰痛に効果的

 近年、慢性腰痛は単に身体性の問題ではなく、ストレスなど精神的な要因の影響が強いことが知られ、認知行動療法によって腰痛が改善しうることが報告されてきました。↓はワシントン大のDaniel C. Cherkinらの研究で、瞑想とヨガによるマインドフルネス・ベースのストレス低減療法(MBSR)が、26週間後の痛みや機能的制限の改善について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へー、マインドフルネスってすごいんだね。東洋的瞑想っぽいやつだけど。

 マインドフルネスについて詳しいわけではないので、↓の研究で使われている、マインドフルネス認知療法(Mindfulness-based cognitive therapy、略称:MBCT)について、ウィキを引用すると、MBCTは、マインドフルネス(気づき、注意コントロール)を基礎に置いた心理療法で、第3世代の認知療法の1つ。本療法は、心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more