テーマ:運動野

紫外線は嫌われ者だが頭をよくするかもしれない

 紫外線はシミやがんなどを誘発しうることで嫌われがちです。しかし、一日15分くらいの日光浴は、ビタミンDの生成によって骨量をふやしてくれますし、殺菌作用、リラックス効果などがあります。  ↓はさらに賢くなるかもしれないという研究。マウスの実験ですが、紫外線を浴びると脳の運動皮質や海馬でグルタミン酸の生成、放出を促し、動作学習や記憶の改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視床と運動野の持続的活動の連動で目的的な活動が達成される

 持続性の神経興奮が起こり、それが維持される仕組みがあるから、歩き続けたり、走り続けたり、噛み続けたり、目的的な運動の継続が可能なのだと考えられてきました。  ↓はそれを実証的に示したもの。マウスの前外側運動皮質(anterior lateral motor cortex;ALM)は運動のプランニングにかかわり、そのニューロンは、次に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more