テーマ:自然体験

恒例、自然体験で学生と西村さんと車山でスノーシューしました。

本年度、「自然体験」の締めは車山でスノーシュー体験。 スノーシュー履いて、かるくはしゃぎます。 山を歩き、時折講義。がちがち言いながら聞いてます。 野うさぎの足跡、ぐっと踏ん張ってます。 野うさぎのうんちは、飼いうさぎのように真っ黒ではなく、でかい。 古いけれど野うさぎの巣。結構高い位置にも作ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰でニッコウキスゲ。シカの被害を見てきました。

霧ヶ峰で自然体験の授業。西村さんと↓。 ニッコウキスゲが真っ盛り↓。でも電気柵の中だけ。 よく見ると、電気柵の外では、ニッコウキスゲのつぼみがシカに食べられている↓。 高層湿原、七島八島もシカに踏み荒らされるので柵で囲っているが、柵の内側にシカの足跡が・・・・↓。 さあ、どうしていくか。まずはきちんと体験しましょ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

さてこのクマザサ、どうしてこんな風に穴が開いているのでしょうか?諏訪東京理科大「自然体験」より

さて、このクマザサ、どうしてこんな風に穴が開いているのでしょう。ほぼ一直線、やや間隔を変えながら、穴の大きさも均等に変わっている。ま、自然体験、定番の質問です。覚えておくと、おとうさんやおかあさんになって子どもを山に連れて行ったとき、ちょっと尊敬してもらえます。山の熊笹をよく見れば、どこでも見つけられますから。 諏訪東京理科大に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然写真家、西村豊さんと上高地へ。自然体験という授業です。

自然写真家、西村豊さんと上高地へ。学生も一緒。自然体験という授業です。あれこれのトリビア、熱い話が聴けました。うちの大学の一つの柱は環境リテラシーですが、こうやって実際の自然に接することなしにエコや自然を語ってもね。実際、ここでも諸矛盾があるわけです。また、なにより自然とずっと向き合ってきた人に触れること、それが言語以上に何かを伝えてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外遊びで高収入?

国立青少年教育振興機構が2010年5月24日、子供時代に外で活発に遊んだ人ほど、本を読む割合や大学進学率が高く、また収入も多い、という調査結果を報告した。また、Scienceで、イギリスの通信網から収集したデータと、経済的豊かさの指標を組み合わせて分析した研究が報告され、多様な人々と関係を築くことが、金銭的成功をもたらす少なくとも1つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香りと脳(春の健康より)

 ここ数年、車のエアコンの開発にかかわってきました。フォレストエアコンといって、青葉の香りをゆらぎ風にのせ、エアコンの吹き出し口から間歇的に提供するものです。サルに単純課題をさせ続けた場合、時折、青葉の香りを暴露するとパフォーマンスの低下が抑えられることが知られ、疲労回復効果があると考えられています。わたしたちの人を対象とした実験でも計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年はキツネのふん

毎年、自然写真家の西村豊さんと「自然体験」という授業で霧ヶ峰をスノーシューで歩く。動物の足跡、マーキング、ふん、あれこれ観察できるのだが、今年は前日からの雪。足跡がほとんど消えてしまっていた。かろうじて恒例のキツネのマーキングをにおうことはできた。チャルメラ、ごまラー油の香り。学生には、たぬきとキツネの匂いのかぎ分けはできるようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰、自然体験、ごむうんち

土曜日は「自然体験」という授業で霧ヶ峰に行った。自然写真家の西村先生が講師。七島八島の高層湿原をスタートに、蝶々深山、車山山頂、車山肩。写真が今一つで申し訳ないがレンゲツツジが最盛期だった↓。 西村さんと歩くと、いろんな発見をさせてくれる。こだぬきの足跡。きつねのうんち、ゴム入り。やっぱり、ゴミは持ち帰るべし。弁当にゴムをつけたま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「鹿番」キャンプ

わたしの住む茅野市では、昨年から「紅そば」を守る「鹿番」キャンプリレーを始めた。 蓼科高原の山中の荒れ地を起こし、種をまく。しかし、その場所は鹿のグランドのようなところ。放っておくとすべて鹿に食べられる。そこで思い付いたのが「鹿番」。鹿に食べられないようテントを張って見張る↓。 どうせ「鹿番」をするなら、親子でしよう。子どもたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙高キャンプ

今日は妙高青少年自然の家に行って、GO/NO-GO課題、ストループ課題中の脳活動を光トポで調べた。お手伝いとキャンプの旅、やらされから自立へ、という小学4,5,6年の体験活動前後を見るためだ。まず妙高自然の家でキャンプ、奥阿賀野里で民泊、お手伝いと田舎体験、それから夢見平でプログラムのない活動、全部で15日。 どうなるか楽しみ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結構真面目

 あの件は、本気でのめり込みそうだ。よき人、痛みを知る人、悲しい人、そういう人と仕事をし、挫折するのが、でまた・・・・。  結局、**のため、だけでは支えきれない。せめて世のため人のため。あそこが最終審級であるはずもなく、お金話はめんどくさい。自分の真のダメさ加減を、自分の営みでおおう、そういう修復作業。あの具体、あの後悔、あの自分自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲んだ

 今日久しぶりに水井さんと飲んだ。子どもをどう育てるか、そりゃ自然体験でしょ、スパスパで提示して以来だ。何でだかよくわからないが、楽しかった。  あの時は、平野先生、柳沢先生、寺沢先生、澤口先生、斉藤先生、わし、考えてみたら結構なラインアップだった。いまだにあのときのロジックは健在だ。  TBSの新番組、脳関連だそうだ。がんばって欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいま、妙高青少年自然の家で・・

 ただいま妙高青少年自然の家で、小学5,6年生を対象に、「キャンプとお手伝いの旅 ~「やらせ」から「自立」へ~」実施中。われわれは前頭葉機能テストバッテリ(栗原さん、プライムラボ)を使って、その効果測定にチャレンジしている。今年度、妙高で数例を重ね、次年度は全国の青少年自然の家とオリンピックセンターのプログラム評価、参加者の自己判定ツー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った

困った。 参宮橋の話が異様におもしろい。 お金が絡まないのがまたいい。世のため、人のため、が一番面白い。 ん??待てよ。 そうか、あわせ技でいいんだ。自然体験の実証なんだから。アイスブレークもクラフトも会話も、うん、なんだ、いいんだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more