テーマ:腹側線条体

ダジャレが受けるとうれしいのも腹側線条体

 生理学研究所の研究。ダジャレを言い(自分または他者が)、そのダジャレへの反応(大うけ、ややうけ、うけず)が聞こえる環境でfMRIによる脳スキャン。また関連した脳部位の機能的結合度合いを調査。  結果、「うけ」具合を聴覚野→腹側線条体(快感の中核、依存などで話題になる部位、やる気や社会的評価でも反応)の活動が、(うけた)うれしさと相関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも「依存」というのはどうかと思う、言うなら軽い風邪、ちょっと熱レベルで言おう

「近年、アルコールやギャンブル、薬物だけでなく、痴漢や万引きなども治療の必要な一種の依存症=脳の病気であることが少しずつ一般に認知されつつあります」 その認識はミスリードでしょう。 最近の久里浜の報告(生涯でのギャンブル等依存症の疑いが320万人、直近一年の疑いが70万人)から推測すれば、250万人は回復しており、8割は自然回復して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「飽きる」意味、「移り気」の価値

慶応大学の田中先生らのグループは、これまでやる気や直感にかかわることが知られている線条体、その腹側部の外側部に「やる気ニューロン」があり、この活動を阻害するとやる気が失われることを示してきました。 Dysfunction of ventrolateral striatal dopamine receptor type 2-expre…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more