テーマ:記憶

ロッキングするベットだとよく眠れ、記憶も定着しやすいらしい

被験者18人の実験。左右に10.5 cm程ゆっくり(0.25 Hz)揺れるベットの効果は以下。 深い睡眠、睡眠維持、および記憶を促進する 速いスピンドルが増加、遅い振動のアップ状態と同期する シグマ波の増加と関連して記憶が改善する 連続ロッキング刺激は内因性睡眠振動を積極的に同調させ、深い眠りを促進する。 Aurore A. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉は記憶する、筋トレは無駄にならない

 筋肉は記憶する、筋トレは無駄にならないことは、経験的に知られています。たとえば学生のとき部活で十分な運動をしていれば、その間に筋肥大が起きますが、部活をやめ、筋トレもしなくなれば、いずれ筋肉は落ちていきます。しかし、ふたたびトレーニングを開始したとき、それまでにトレーニング体験がある人と、ない人とでは筋肉のつき方が違ってきます、かつて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外側側頭葉の電気刺激で記憶障害が回復しうる

 外側側頭葉の電気刺激で記憶障害が回復しうるという研究↓。  てんかん患者25人に12個の単語を覚えてもらう実験をし、そのさなかの脳活動を調べ、あとで思い出せているかで機械学習させる。その結果、脳の状態から、覚えていられるかの判断ができ、また、記憶のコード化がうまくいっているかどうかも予測できた。そこでそのような場合に、外側側頭葉を電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学習するなら午前中

 東大の清水先生らは、記憶の形成に強くかかわる海馬でSCOPたんぱく質の役割を明らかにしています。SCOP は主に脳神経細胞に発現する分子で、視交叉上核における発現量が日内リズムを示す分子です。 学習刺激が海馬に入ると、神経細胞内のCaイオン濃度が上昇し、タンパク質分解酵素であるカルパインが活性化する。 活性化したカルパインはSCOP …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんこかんじドリル、おすすめです

 うんこかんじドリル(https://unkokanji.com/)が流行っているらしい。文響社のHPから引用すると、  漢字練習といえば、同じ文字を延々と書き続ける「繰り返し学習」。しかし、子どもにとっては集中力の続かない「作業」になってしまいます。本書はそんな、漢字学習の構造的弱点を克服するために作られました。1年生から6年生まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘い飲み物や果実ジュースの摂取が多いことと、記憶不良や脳容積減少が関連する

 以前、ワシントン州King Countyの日系アメリカ人1836人を10年間追跡調査した研究で、果物・野菜ジュースを1週間に3回以上飲んでいた人は1週間に1回未満であった人に比べてアルツハイマー病に76%なりにくいといった報告がありましたが(ハザード比0.24 Fruit and Vegetable Juices and Alzhei…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうなんだ、海馬と前頭前野に記憶痕跡が出来、アクティブさと関連ネットワークが変わるんだ。

 これまで、恐怖記憶に限らずエピソード記憶は、海馬で形成され(短期記憶)、時間経過とともに大脳新皮質に移行し長期記憶化すると考えられてきましたが、利根川先生らの研究↓によって、海馬、前頭前皮質両方に記憶痕跡(エングラム)ができ、記憶想起時の主体が海馬優位から前頭前皮質優位に移行していくプロセスが明らかになったそうです。  以下、理研H…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマを思い出しながら、ソシャゲはトラウマ軽減?

 記憶は呼び起こした時に不安定化して、記憶に変容が生じたり、強化されたりすると考えられています。  ↓の実験では、被験者に事故シーンなどトラウマにつながるようなフィルムを見せます。その後、テトリスを行うと、行わなかった人に比べて、翌日、一週間ごととも、トラウマ的にシーンをフラッシュバックする回数が減っていたそうです。追加の実験で、トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を動かす写真を見てから勉強するとよく覚えられるかも

 ポジティブな感情にせよ、ネガティブな感情にせよ、心が動くような出来事はよく覚えているもので、これは記憶に関係する海馬への情報流入が、感情にかかわる偏桃体の活動によって促進するからと考えられている。だから、何か覚えたいなら無理にでも「楽しい」「これだいじ」「わすれたらやばい」などと感情の刻印を押した方が記憶しやすくなるといわれたりする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怒ったり、嫌な気分のままのふて寝は、嫌な気分を抑えにくくなるらしい

 以前、嫌な絵を見た後、しばらく起きていると嫌な感情反応が小さくなり、すぐに寝てしまうとこの感情反応の縮減が消え去ることが報告されました。寝ている間に記憶の固定が起こるので、ふて寝は危険といった示唆です。 J Neurosci. 2012 Jan 18;32(3):1035-42. Processing of Emotional R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラッシュバブル記憶にはノルアドレナリンもかかわる

 フラッシュバルブ記憶は、個人的に重大な出来事や世界的な重大事件についてよく覚えている現象。写真のフラッシュを炊いた時のように、そこだけが鮮明に浮き上がる記憶。これが起こるのは、記憶の直前または直後に、衝撃的で新奇な刺激があったり、記憶に関連する事柄が起こると、腹側被蓋野からのドーパミン神経が刺激され、海馬が強く働き記憶の符号化が容易に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おなかがすいている方が物覚えがいいらしい

 共同通信 2016年8月24日 (水)配信によると、ショウジョウバエの実験で、あるにおいと電気ショックの組み合わせ、および、べつなにおいと電気ショックなしのくみあわせを学習させたところ、おなかのへっているショウジョウバエほど学習成績が良かったとか。また空腹時、強化学習に強くかかわるドーパミンの分泌が1.5倍になっていたとか(東京都医学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝不足で記憶力が落ちることにmTORがかかわる

 寝不足だと記憶力が低下するのはみなさんなんとなくお分かりのことでしょう。また歳をとると眠りが浅くなりますが(徐波睡眠が減りますが)、この徐波睡眠の減少がアミロイドベータの蓄積と相関し、記憶力の低下を招くことも推測されています。  さて、↓は、睡眠不足になると、記憶の中核、海馬で何が起こるのか、その一端をマウスで明らかにしたもの。睡眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れようとすると、その前後の出来事の記憶も薄れるらしい

 バード大のJustin Hulbertとケンブリッジ大の研究者たちは、381人の参加者に記憶想起の実験を行った。参加者は、関連した一対の単語(例えば、「跳躍」と「バレエ」)を記憶してもらい、その一方の単語が表示された後、それと対になる単語について思い出してもらったり、あえて思い出さないようにしてもらったりした。また、ときおり、ありそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶増強装置、いけそうだそうです。

 記憶の中核、海馬には、感覚情報、空間、時間の情報が集まり、短期的に保持できるようになります。これが短期記憶で、短期記憶が保持されている間に、その記憶にアクセスが繰り返されると、その記憶は長期記憶化していきます。  ポイントは海馬のCA3からCA1に伝わるシグナルで、その再現が記憶固定能力の増強につながるといいうのが、Bergerらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の記憶の限界

短期記憶には容量限界がある。 短期記憶のうちワーキングメモリ(作業記憶:記憶や情報を一時的に保持し、作業を行う、作業のための記憶)が扱える情報のまとまり(チャンク)は三つ、ないしは四つ。「あのこと」「このこと」「そのこと」「その他」くらいなら多重、あるいは入れ子処理が可能だが、それ以上の一時メモはできない。 また数字の記憶なら7±2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かを思い出すということは、思い出すべきでないことを忘れること。さて男女の仲は?

バーミンガム大のMaria Wimberらは、被験者に「ある言葉」と「顔の画像」や「物体の画像」を示し、後に、「ある言葉」と最初に組み合わされていたのはどちらの画像かと聞いた。 その結果、記憶を呼び出しているとき、後頭葉の視覚野では、最初に見せられた画像ではないほうの画像を見たときに現れる脳の活動パターンが減少した。そして、この現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほー、記憶がシナプスの連結変化とは独立?

キャンデルらはアメフラシの神経を使って、条件反射の仕組みと長期記憶の仕組みを明らかにしました。海馬でよく発現するCREB(後述)というタンパク質が転写を活性化して特定タンパク質を生成させ、それが長期記憶にかかわるというものです。  通常、この変化はシナプスで生じると考えられてきましたが、おなじくアメフラシの神経を使った実験の結果↓、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマに効くくすり?寝ている間の介入も?

 トラウマに苦しんでいる人は自覚している人、自覚していない人含めて少なからずいます。とくにアメリカでは帰国兵のPTSDが大きな問題で、その軽減は大きな課題です。一般に記憶は再生時(再固定化時)に不安定化することが知られ、安全で安心な環境下でトラウマ体験を想起する曝露療法が治療法として採用されますが、↓の研究によって、この暴露療法時にHD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭を使ったり、覚えたりした後にカフェインをとると、その内容をよく覚えているらしい

 Daniel Borotaらは、100名以上の被験者に絵に描いた物体を見せ、屋外で使う品か屋内のものかを判断させた。その後、被験者に 200 mgのカフェインと偽薬(プラセボ)とのいずれかを与えた。翌日、被験者に、見せた画像のいくつかと、新しい画像、それから見せた画像とよく似た画像を見た。そして、画像を「見たもの」「新しいもの」「見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真を撮るならズームで。

 フェアフィールド大のヘンケルらは美術館ツアーで写真を撮る場合と、写真を撮らず観察する場合で、見たものやその詳細についてどれだけ覚えているかを調べたそうです。その結果、写真を撮らない人たちの方が見たものもその詳細もよく覚えていました。写真を撮ることは対象をよく観察することを怠ることにつながり覚えていないというわけです。  一方で、写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっちにするの?紙とデジタル

 明日はというか、今日(10月5日)は、CEATECのJEITAブースで、「どっちにするの?紙とデジタル」というテーマで二回ほどしゃべります。13:00-13:30、14:00-14:30。「気質と向き不向き」「計算間違いチェックでの紙の優位、脳活動の差」「プレゼンの手元資料がプリントアウトものとタブレットの場合の内容記憶の差、脳活動と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ている間に脳は配線をととのえ、栄養補給体制をよくする

 睡眠中に記憶の定着が起きることはよく知られており、たとえばピアノ演奏などの「技の記憶」では睡眠を挟むことでそのパフォーマンスが20%増すなどということが報告されています。↓はそのメカニズムの一端を示すかもしれない話。  中枢神経系には神経細胞ニューロンとその以外のグリア細胞がありますが、グリア細胞の一つにオリゴデンドロサイトという細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽記憶は本当の記憶と競合する

偽記憶を光遺伝子操作技術で作成することに成功したという記事が話題になったが、治療的に興味深いのは、この偽の記憶は本当の記憶と競合するらしく、偽の記憶が形成されると恐怖体験環境を追体験したときの身のすくみ方が弱まること↓。トラウマ解除に役立つ、というか各種トラウマ解除術に根拠を与える話。 Science. 2013 Jul 26;341…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

毎度寝ろと?

いわゆる記憶も技の記憶も睡眠中に強化される。以前、徐波睡眠時の脳の徐波振動(slow oscillation)に同調した音を睡眠中に鳴らすことで徐波振が強化されて記憶が改善しうることを示した研究を紹介したが、 Auditory Closed-Loop Stimulation of the Sleep Slow Oscillation…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠薬で睡眠の質改善→言語的記憶の改善

睡眠の重要な役割の一つは記憶の定着にある。そしてたとえばレム睡眠や紡錘波などの睡眠の諸相が様々な記憶の改善に役立つことが知られている。しかし、睡眠の操作が困難なためにある睡眠の諸相と記憶の固定の一般的な関係が明らかではなかった。そこで昼寝の間薬物的な介入によって実験的に睡眠の諸相を操作した。ゾルピデム(アンビエン)はGABAA受容体の活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ることは大切ですが、歳をとると・・・

睡眠が記憶や技術を定着させ、ひらめきを促進することが知られています。特にノンレム睡眠期に記憶が定着することが明らかになっていますが、歳をとるにともなって起きる内側前頭前皮質の萎縮がノンレム睡眠期に徐波(ゆるやかな脳波)を抑制して、記憶が定着しにくくなることが明らかになりました。老人の睡眠障害は加齢に伴う認知機能低下に関わるらしいのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠中もワーキングメモリが働く

新皮質-海馬ネットワークでは、新皮質の活動が高まると海馬CA1の活動が低下する一方で、嗅内皮質Ⅲ層の活動が持続的に高まる。この活動は睡眠中も観察され、睡眠時の記憶固定にかかわる活動と思われた。 Nat Neurosci. 2012 Oct 7. doi: 10.1038/nn.3236. [Epub ahead of print] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more