テーマ:記憶

睡眠中もワーキングメモリが働く

新皮質-海馬ネットワークでは、新皮質の活動が高まると海馬CA1の活動が低下する一方で、嗅内皮質Ⅲ層の活動が持続的に高まる。この活動は睡眠中も観察され、睡眠時の記憶固定にかかわる活動と思われた。 Nat Neurosci. 2012 Oct 7. doi: 10.1038/nn.3236. [Epub ahead of print] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶は伝言ゲーム

記憶の定着にとって、繰り返しは必要です。出力しないと定着しません。しかしその一方で、記憶は伝言ゲームのように思い出すごとに変化していきます。思い出すごとに神経ネットワークが変化し、その記憶内容(想起内容)が変化します。カウンセリングはこれを利用していますし、繰り返しによる記憶の定着も、実は新しい記憶の創作にほかなりません。 「あなた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ながらスマホで人の話は聞けるのか?

テレビ朝日スーパーJチャンネルとの実験。「ふしぎのお話し365」(永岡書店)の朗読を聞き、その内容についてのテストに答える課題。スマホなしでは10点満点で8.0±1.2点。一方、ながらスマホでは5.7±2.4点で「ながらスマホ」だと有意に内容を記憶できなかった。またこの時の脳活動が↓。言葉を発することにかかわる言語野の活動が「ながらスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌~なものを見たときは、すぐに寝ない方がいいようです

睡眠は記憶の固定に役立つことが知られていますが、嫌な記憶や嫌な気持ちも例外ではないようです。嫌な絵を見た後、しばらく起きていると嫌な感情反応が小さくなり、すぐに寝てしまうとこの感情反応の縮減が消え去るそうです。ふて寝は危険かもしれません??? J Neurosci. 2012 Jan 18;32(3):1035-42. Proces…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガムを噛むならテスト前

認知テスト前にガムを噛むとその成績がよくなる。ただし、テスト中にガムを噛むことと成績改善は関連しない。 Onyper SV, Carr TL, Farrar JS, Floyd BR. Cognitive advantages of chewing gum. Now you see them, now you don't. Appet…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェスチャーで記憶力アップ

身振りを交えると単語が覚えやすくなるそうです。その動作をイメージすると前部帯状回の活動が高まり記憶成績がよくなるという報告も以前ありました。ratherなど直接動作を示さない単語でも身振りがある方が覚えがいいそうで、単語記憶で紙、iPadがPCと比べ前頭葉活動が強くかつ記憶成績がいいこととかかわるかもしれません。 Body in Mi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぐ寝たほうが覚えがいい。すると、授業中の居眠りはなかなかのもの????

勉強したらすぐ寝るのが記憶定着のコツらしい。眠りに入るとすぐに海馬から新皮質に記憶が移行を始めるそう。起きていると記憶が固定化せず、余計な情報で記憶が干渉されるらしい。 15種のカードの図柄を記憶する。このとき軽い臭気をかがす(匂いと記憶がカップリングしやすい)。 その後、半分の被験者はひと眠りし、40分後に、先ほどとよく似た15種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

起きている時に思いだすと記憶は不安定化しやすく、寝ている時だと安定する。

Nature Neuroscience, 2011年01月24日 いわゆるバラ睡眠実験を行ったB Raschらは、空間の位置を記憶する課題を行わせ、同時に匂いを提示した。その後、被験者を睡眠をとるグループと、同じ時間起きたままのグループに分け、匂いを提示。結果、睡眠中だと記憶がよく定着し、逆に覚醒中だと定着しにくかった。fMRIで、覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶系ついでに、二回の学習より、学習+テスト

記憶系ついでに、「学習」「学習」群(同じ学習を二回繰り返す群)と「学習」「テスト」群(一度学習したら、その内容をテストする群)を比べると、5分後では学習二回群の成績がいい(81%、75%)が、二日後では逆転し(54%、68%)、一週間後もその差が持続する(42%、56%)。記憶テスト、すなわち記憶の引き出し、ワーキングメモリの作動が、長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロザン、宇治原、菅、バラ睡眠実験

 ロザン宇治原さん、菅さんで、バラ睡眠実験の簡易版を行った。バラ睡眠実験の原型は↓。彼らは睡眠中の記憶定着はノンレム期がポイントと考えていて、その傍証として、記憶学習を行っているときにバラを香らせ、それから眠りに入り徐波睡眠中に再びバラを香らせると、バラがキューになって覚醒時に似た海馬活動が生じ、かつバラをかがせなかったグループより記憶…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イメージしましょう、身体に気を使いましょう(信毎フロントライン、最終)

早速ですが問題です。チャレンジしてみてください。 次の十個の文章を90秒で覚えてください。90秒たったら手で隠します。 ・テーブルを拭く ・フライパンをコンロにのせる ・眼鏡をケースから出す ・砂時計を逆さにする ・マヨネーズを冷蔵庫にしまう ・植物に水をあげる ・掃除機をかける ・流しの上の電気をつける ・2階のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージは脳にとってリアル

イメージすることは脳にとってリアル、ちゅうかリアル以上かも? ↓は、「右手を上げて」「小指を立てて」「横を向いて」など動作的な言葉を覚えている時の脳活動(左二列)と、思い抱いている時の脳活動(右二列)。中段がそれを言葉で覚える場合、上段は頭で動作をイメージして覚える場合。イメージするほうがワーキングメモリが深く働き、よく覚えていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予習、復習、運動

学習後12時間が重要かも? 記憶を作る海馬でBDNF(脳由来神経成長因子)が発現することが、長期記憶を永続化するのに必要です。さらに最近の研究で、学習後12時間の時点で、海馬でドパミンD1受容体を邪魔するとBDNF介在性の長期記憶持続メカニズムが発動せず、逆に、促進すると持続化が起こることが示されました。この作用はドーパミン神経の起始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脂肪ばんざい!?

脂肪が小腸に入ると脂肪誘発満腹因子OEA(オレオイルエタノールアミド)が放出され、それがPPAR-αを介して満腹感・満足感をもたらすことが知られています。やっぱり、サシたっぷりの和牛はたまらんわけです。また、カロリーをカットした甘みではドーパミン系が活動しにくいとの報告もあり、生クリームたっぷりもたまらんわけで、コース料理とは基本悪魔で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more