テーマ:トラウマ

コカイン使用障害におけるオキシトシン効果は、性別とトラウマ体験の有無で異なるらしい

 依存症には自己治療仮説がある。何かに依存するのは、こころや体の痛みやストレスから逃れるためで、たとえばトラウマの疼きを自己治療するように薬物等を使用するといったものです。脳でいえば、単に腹側被蓋、側坐核、線条体、腹内側前頭前野といった快感系に出来上がったニューラルネットワークが問題なのではなく、痛みにかかわる島皮質や、嫌悪にかかわる偏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマを思い出しながら、ソシャゲはトラウマ軽減?

 記憶は呼び起こした時に不安定化して、記憶に変容が生じたり、強化されたりすると考えられています。  ↓の実験では、被験者に事故シーンなどトラウマにつながるようなフィルムを見せます。その後、テトリスを行うと、行わなかった人に比べて、翌日、一週間ごととも、トラウマ的にシーンをフラッシュバックする回数が減っていたそうです。追加の実験で、トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマも、メタボも三代たたりうる

 以前、このブログで、トラウマは三代たたる。父マウスのトラウマが精子のマイクロRNAを介して、孫世代まで伝わることを示した実験を紹介しました(http://higeoyaji.at.webry.info/201404/article_10.html)。  一方、女系ではミトコンドリアを介した後天的獲得形質の遺伝がすでに示されており(ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラウマに効くくすり?寝ている間の介入も?

 トラウマに苦しんでいる人は自覚している人、自覚していない人含めて少なからずいます。とくにアメリカでは帰国兵のPTSDが大きな問題で、その軽減は大きな課題です。一般に記憶は再生時(再固定化時)に不安定化することが知られ、安全で安心な環境下でトラウマ体験を想起する曝露療法が治療法として採用されますが、↓の研究によって、この暴露療法時にHD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽記憶は本当の記憶と競合する

偽記憶を光遺伝子操作技術で作成することに成功したという記事が話題になったが、治療的に興味深いのは、この偽の記憶は本当の記憶と競合するらしく、偽の記憶が形成されると恐怖体験環境を追体験したときの身のすくみ方が弱まること↓。トラウマ解除に役立つ、というか各種トラウマ解除術に根拠を与える話。 Science. 2013 Jul 26;341…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まじゅみんが慶次愛で18連のおかまを掘られ、後悔が止まらんというのでEMDRしたら結構効いた。

今日、平和で講演し、出版社と打ち合わせをしてから茅野に帰ってきたら、まじゅみんが慶次愛で18連のおかまを掘られ、後悔が止まらんという。そこで、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing;眼球運動による脱感作および再処理法)をしたら結構効いた。驚いてた。そういえば彼女にしたのは初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖記憶の消去

記憶は呼び起した時に不安定化することが知られている。たとえば、精神分析的な療法は、潜在化したトラウマを何度も呼び起こしかつ文脈を与えることで潜在記憶を変容させる方法と見ることもできる。 このところ、恐怖記憶を呼び起こすときの薬物的な介入の効果が示されている。たとえば、αCaMKIIの過剰発現、たとえばノルアドレナリン、アドレナリンのβ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more