テーマ:誠実さ

ギャンブル障害(ギャンブル症)と性格

ギャンブル障害(ギャンブル症)と性格  ギャンブル障害と性格の関連はしばしば報告されている。古典的なものではブラジンスキーが2002年に提唱した3パスウェイモデルがあり、ギャンブル障害は単純嗜癖型、衝動型(ADHD的背景)、不安型(神経症傾向、自閉傾向など)のサブタイプに分けられるとしている。この表現はDSM-5でもギャンブル障害の特…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

まじめに頑張る人は認知症になりにくい??

 人の性格は、開放性(知的好奇心の強さ)、誠実性(まじめさ)、外向性(社交的で活動的)、調和性(他人へのやさしさ)、神経症傾向(不安や緊張の感じやすさ)の五次元で計測しうる(いわゆるビッグファイブ)。そして神経症傾向が「うつ病」等の予測因子になったり、開放性と誠実さが大学生の成績の予測因子になったりすることが知られている。認知症に関して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more