テーマ:遊技障害

遊技障害⇔認知のゆがみ、ぱちんこにおけるギャンブル障害に及ぼす認知のゆがみ

 新たに開発した「パチンコ・パチスロ版認知の歪み尺度」を用いて、パチンコ・パチスロに関する8つの「認知の歪み」を取り上げ、それらがパチンコ・パチスロ遊技障害に及ぼす影響について3回にわたる縦断調査を計画し、現在2回目の調査を終了した。これまでの調査結果からは、8つの「認知の歪み」のうち、次のような4つの「認知の歪み」が遊技障害に影響を及…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆるぱちんこ依存で真に問題を抱えているのは数万人

Q 厚労省と社安研の数字の違いはどう解釈すればいいのですか。 A 厚労省調査(9月29日発表)では「直近1年間でギャンブル等依存症のおそれのある人」が70万人だが、このうちの8割が主にパチンコでお金を使っているので、単に8掛けするとパチンコ関連は56万人になる。それでも社安研の40万人との差が16万人ほどある。厚労省(久里浜医療センタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆるパチンコ依存の実態

 本日(2017年8月24日)、社安研の調査報告会が行われました。9000人を対象としたパチンコ・パチスロ遊技障害(いわゆるパチンコ依存)の実態を明らかにするための全国調査で、結果、直近一年間での、パチンコ・パチスロ遊技障害(いわゆるパチンコ依存)のおそれのある人は40万人ほどでした。  一般にこのうち重度の疑いの人(借金のしりぬぐい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関係者必読、遊技業界のいわゆる「ギャンブル等依存症」対策について

遊技業界のいわゆる「ギャンブル等依存症」対策については、以下をご覧ください。 パチンコ・パチスロ遊技障害対策私案(篠原) http://higeoyaji.at.webry.info/201701/article_17.html パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、知識・スキル、暮らし調査案 http://higeoya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有酸素運動は行動上の障害を持つ小児の振る舞いを改善する

 ギャンブリング障害の背景に学習障害、ADHD、自閉症スペクトラム障害などがあることが、ギャンブリング障害回復支援施設ワンデーポートなどから指摘されている。またワンデーポートではウォーキングやマラソンへの参加を入所者等に進めているが、それがかなり合理的であることを示唆する報告とも読める↓。  ↓は、学習障害、ADHD、素行症など行動上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、知識・スキル、暮らし調査案

パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)、および、知識・スキル、暮らし調査案(用語の整理を含む) パチンコ・パチスロのめりこみ対策私案(篠原)(http://higeoyaji.at.webry.info/201701/article_17.html)の補足説明です。私案もご覧ください。 *1 ギャンブル依存、ギャンブル依存症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコ・パチスロ遊技障害についての統計的実像について

 以下は、日遊協が2016年6月9日に開催した第27回通常総会の席上、警察庁保安課の大門雅弘課長補佐が小柳誠二課長の講話を代読した内容の一部抜粋だ。 ・・・・ぱちんこ産業の現状について申し上げますと、公益財団法人日本生産性本部の「レジャー白書2015」によれば、平成26年中の市場規模は24兆5千億円、ぱちんこ遊技への参加人口は、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチンコ・パチスロ遊技障害の規模について

 図は、レジャー白書2015よりパチンコ・パチスロ参加人口を1150万人とし、DK-SIS白書2014年のパチンコ・パチスロの平均時間粗利(ユーザーが一時間遊技したときの店の利益)760円より20円増しにして780円、2015年の日遊協ファンアンケートのユーザーのパチンコ・パチスロを月何回くらいやるのか、平均何時間くらいやるのかのデータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more