テーマ:がまん

がまんは案外に無意識的、また意識は技の記憶の成立を邪魔する

Cognitionに報告されたHepler とAlbarracínの研究によれば、われわれは無意識的なプロセスで行動の抑制を行っているという。われわれは無意識的に生じてくる喫煙の欲求や食欲に意識的に抗してがまんをしていると考えがちだが、実際には欲求の生じる無意識性と同じように行動の抑制のプロセスも無意識的に生じており、そのが後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がまんが効きにくい人をほめるとますますがまんがきかなくなる?

コロンビア大学経営大学院の教授キース・ウィルコックスらは被験者84名を二つのグループに分けFacebookとCNN.comサイトのどちらかを5分見せた。その後、健康的なグラノーラ・バーと、それほど健康的でないチョコレートチップ・クッキーを選択させたところ、Facebookを閲覧したグループはクッキーを選び、CNNを閲覧した者はグラノーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SNSをがまんすると・・・・

がまんは毒だし、意志力には容量がある。フロリダ州立大学の心理学者ロイ・バウマイスターは「自我の消耗」論から自我を使う事柄には一定の限度量があると主張している。彼らは、焼き立てのチョコレートチップ入りクッキーをのせた皿の隣に学生を座らせた。学生たちのうち、ひとつのグループはクッキーを食べることを許可され、もうひとつのグループは我慢するよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4歳でマシュマロが我慢できたことは長じても欲求の折り合いがつき、賢い、というのはおもしろい、しかし

有名な研究だが、ウォルター・ミシェルらの、4歳でマシュマロが我慢できたことは長じても欲求の折り合いがつき、賢い、という研究はおもしろい、しかし、GO/NOGO課題で成績の悪い人で右下前頭回の活動が低く、腹側線条体の活動が高いのはよく知られた話なので、いまひとつマシュマロ課題の被験者を使った意味がわからない。。。。でもないか、結局そこまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がまんをすると怒り反応が大きくなる

 がまん(自制)をさせた後、理不尽な事をされると、より強く拒絶反応を示すそうです(我慢しなかった方に比べて)。さらに、怒りの表現を見たがったり、怒りの顔を好んだりも起こるそうです。ま、しかし、これは適応的な反応でもあるわけで、怒りをきちんと表出したり、たくさんしゃべった方が気はまぎれます。 C. Nathan DeWall et al…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自制心の強さは三歳くらいではっきりし、かつ自制心の強い子どもは将来も健康でお金に困らない傾向がある

ニュージーランドで1000人を出生から32年間追跡した調査では、自制心が強いか否かは3歳でおおむね見分けがつき、かつ自制心の強い子どもは健康で金に困らず、事件とは無縁の大人になる確率が高いのだそうです。 A gradient of childhood self-control predicts health, wealth, and…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堪忍袋は・・・

今日、目がテン実験。 結論、いわゆる堪忍袋は、右下前頭回ということでよろしいかと思います。みなさんの右のこめかみやや下あたりです。意図的なブレーキの中枢と考えられています。いやなことがあると、ぐっとこいつが活動して行動や感情を止めようとする。しかし、堪忍袋の緒が切れると、この活動がすっと下がって、ブちぎれ。 ま、もっとも、逆にストレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がまんして、キレた???

皮肉、悪口、罵倒・・・必死に耐える(左)→キレる、がまんをやめる(右)。 ようは意図的我慢に右中下前頭回がかかわる、アローが言うように。で、このブログで示したように、幼児運動あそび(柳沢運動プログラム)中の脳を見ると、ここが活動する。運動あそびには意図的我慢や切り替えが満ちていることになる。幸い、ここで子どもの運動能力が上向いてきたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れた・・

10:00~皮膚抵抗測定器、発汗計のフォルドタイプの説明をスキノスから受ける。国交省の交通ストレス調査に使えそう。RRよりよさそうだ。13:00~島津fNIRStationの説明。その方法なら買えそうだ。15:00~構文構造と脳活動の差異研究の可能性、検討。ワシが学生なら是非やりたい。まあ、ぼちぼち。16:00~フラシュ、取材。結構真面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝食を食べないとがまんが効きにくくなる脳

朝食を食べた後血流が増すのが下図の赤いところ(健康ふしぎ発見ニュースより)。ここは、GO/NO-GOなどがまん課題を行うときに強く関わる部位でもある。つまり、朝飯を食べないと、がまんに関係する部位が働きづらくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more