テーマ:ドリンク

「酒は百薬の長」は健康一般では否定されているが、認知機能だけは何とか役立つらしい

 かつて「百薬の長」といわれた「酒」は、近年では少量であっても量反応的に健康リスクが高まることが知られている。一方で、認知機能に関しては、ワインを常飲する地中海食で認知機能の低下予防や、認知障害の予防に役立つとする研究も多数あるが、そうでないとする研究もある。そこで、米国成人の全国的に代表的なサンプルである健康および退職研究(HRS)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more