テーマ:認知症予防

WHO(2019)の認知機能低下、認知症予防についてのガイドライン

他の健康的便益を含む推奨になっている部分もあるので、認知機能低下予防、認知症予防にかかわる部分を太字にしました。 ・運動をすること 「認知に問題のない大人にとって、運動は認知機能低下予防に勧められるべきである」    中程度の証拠があり、強く推奨される 「軽度認知障害のある大人にとって、認知機能低下予防に運動を勧めてもよい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動は認知症の進行抑制に役立たない???

 認知症や認知機能の低下予防に運動が役立つことは、多くの疫学調査で示されてきた。たとえば久山町スタディでは週一回以上の運動が認知症のリスク低下に役立つことが示されている。軽度認知症の方を対象に運動、音楽、遊びなどを複合的に取り込む試みで、認知症への進行抑制が起こりうる可能性も示唆されてきた(筑波大学病院の試みなど)。また、動物実験ではア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔からちらほら出ていた話ですが、血圧は120以下がよろしいとか。

糖尿病や脳卒中の病歴はないのですが、高血圧、高脂血など心血管イベントのリスクが高い50歳以上の成人を対象とした試験で収縮期血圧は120mmHg未満が望ましいことが示されました。 収縮期血圧目標を一般的な推奨レベルである140 mm Hg未満とした場合より、120 mm Hg未満とした方が、心臓発作や心不全などの心血管イベントリスクや死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「けんぱち」はファンサービスの究極の姿の一つです

NHKの認知症革命を見て、業界に対して、またそこに対してもっと強く抵抗しなかった自分に腹が立った。ここで紹介されている認知症、軽度認知障害の予防法、これこそ、まさにわれわれが5年以上前から「けんぱち」と称してホールで実行しようとしたものだ。とくに活動量計の配布は準備も整っており、ホールも出す気満々だった。その時しようと思っていた運動能力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more