テーマ:感情

ゲーム障害と脳、異常な感情反応

 衝動性と感情の調節不全は、インターネットゲーム障害(IGD)の危険因子であることが知られています。しかし、その根底にある神経メカニズムはまだよく理解されていません。  前頭前野が衝動性のコントロールや感情の抑制にかかわり、また依存症におけるコントロール障害には前頭前野が重要な役割を果たしていると考えられています。そこで、↓では、衝動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うんこかんじドリル、おすすめです

 うんこかんじドリル(https://unkokanji.com/)が流行っているらしい。文響社のHPから引用すると、  漢字練習といえば、同じ文字を延々と書き続ける「繰り返し学習」。しかし、子どもにとっては集中力の続かない「作業」になってしまいます。本書はそんな、漢字学習の構造的弱点を克服するために作られました。1年生から6年生まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心を動かす写真を見てから勉強するとよく覚えられるかも

 ポジティブな感情にせよ、ネガティブな感情にせよ、心が動くような出来事はよく覚えているもので、これは記憶に関係する海馬への情報流入が、感情にかかわる偏桃体の活動によって促進するからと考えられている。だから、何か覚えたいなら無理にでも「楽しい」「これだいじ」「わすれたらやばい」などと感情の刻印を押した方が記憶しやすくなるといわれたりする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bio Today より DHA、EPAのお魚油話

お魚食べましょうね、ってか。 以下、バイオトゥデイより 2007-03-09 健常人55人を対象にしたMRI画像解析の結果、長鎖オメガ3脂肪酸の摂取量が多い事と両側の前帯状皮質・右側の扁桃体・右側の海馬の灰白質の容積が大きいことが関連すると分かりました。これらの領域は、感情の喚起や調節に関与しています。 この結果から、オメガ3脂肪…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more