テーマ:自然回復

災害時のストレス対応

 災害や大事故、テロなどが起こったとき、厚生労働省のガイドライン(https://www.ncnp.go.jp/nimh/pdf/saigai_guideline.pdf)によれば、住民の約20%に広い意味でのPTSD(心的外傷後ストレス障害*文末に説明)が生じるが、約80%は自然回復するそうです。しかし、災害等の体験後、半年から1年以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゲーム障害が病気に」・・注意点あれこれ

《「ゲーム障害」が病気に、注意点いくつか》 世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を精神障害の一つとして、2018年より正式に認める方針であると話題になっています。 ここで注意しておきたい点が2つあります。 ひとつはギャンブル障害で指摘されてきた自然回復率の高さです。日本のぱちんこではこの自然回復率が8割に及びます。つまり、ギャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本でギャンブル等依存症の疑いがあっても、自然回復率が8割近いのはぱちんこ関連の自然回復率が高いため

 ぱちんこ関連のギャンブル等依存の疑いの自然回復率・・・81%、  公営競技等、ぱちんこ関連以外の依存の疑いの自然回復率・・・44%  ぱちんこ関連のギャンブル等依存の疑いのある人の自然回復率は8割以上と、これまでのギャンブル等依存研究史の中でも突出して高い。  以下はこの比率の算出根拠  2017年久里浜調査によって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆるぱちんこ依存、40万人と57万人(ギャンブル等依存症の疑いでは70万人)の差

 直近一年間でのパチンコ・パチスロ遊技障害(いわゆるパチンコ依存)のうたがいのある人の数は、社会安全研究財団で40万人(http://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2017/08/qa_result-20170822.pdf)、久里浜医療センターなどの研究班調査からの推測で57万人(http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のギャンブル等依存症は自然回復が8割に及ぶ(ほぼ確定)

 2017年9月29日、久里浜医療センターなどの研究班による全国調査が報告された。  2017年5~6月、20~74歳の男女1万人を対象に行われ、4685人が面接での調査に回答したもの。  結果、成人の3.6%(約320万人、実数158人)が生涯でのギャンブル等依存症のうたがいと推計された。  一方、この1年間でのギャンブル等依存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわゆるパチンコ依存の実態

 本日(2017年8月24日)、社安研の調査報告会が行われました。9000人を対象としたパチンコ・パチスロ遊技障害(いわゆるパチンコ依存)の実態を明らかにするための全国調査で、結果、直近一年間での、パチンコ・パチスロ遊技障害(いわゆるパチンコ依存)のおそれのある人は40万人ほどでした。  一般にこのうち重度の疑いの人(借金のしりぬぐい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more