テーマ:抗うつ効果

ケタミンの抗うつ効果の機序

 馬などの麻酔薬として用いられることのあるケタミンがうつの改善に効果があることが指摘されています。↓はその機序として、ストレスによる、前頭前皮質での神経活性や機能的連結の低下、さらには樹状突起棘の減少を、ケタミンが回復させていることを示しています。  とくに神経突起棘の形成によって、ケタミンの長期抗うつ作用が支えられているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more